薄毛専門の病院ってどうなの?もう薄毛に悩みたくない方へ

突然ですが、薄毛の治療をお考えではありませんか?

「抜け毛の量が増えている」

「薄毛対策をしているのに改善しない」

そんなあなたは、もしかしたらAGA(男性型脱毛症)かもしれません

進行してしまってからでは、治すのにも時間がかかってしまいます。

ここは、薄毛の悩みを病院やクリニックで解決しやすくなるようまとめた、薄毛克服の近道となる場所です。

「あの人最近ハゲてきてる?」と周囲の噂になる前に、早めの診断、対策を行いましょう。

 

病院へ行く必要性はある?

薄毛というだけで病院って大げさじゃないの、と考える人もいるでしょう。実は私もそう思っていました。

病院やクリニックの凄さを知るまでは。

大きな病気でない限り、病院にかかることもないのに薄毛で病院なんて考えもしませんでした。

人に知られるのも嫌だし、費用もどれくらいかかるのか、そもそも何科を受診すればいいのか、何もかもさっぱり分からないと思っていたのも病院から遠ざかっていた理由の一つかもしれません。

同じように考えて、病院には行かずにセルフケアで治そうとしている人も中にはいると思います。

しかし、もしAGAだった場合セルフケアだけで治すのはほぼ無理なんです。

AGAは遺伝などが原因で、頭皮の細胞や酵素が関係して薄毛が進行しているのです。

その進行を止める、または髪の毛を生やすには、病院で専門医による治療を受けることが一番確実なのです。

AGAは、セルフケアで進行をある程度遅らせることはできても止めることはできません。

でも、もしかしたらAGAじゃないかもしれない、病院に行くまでの勇気がまだ出ないという人のために、まずは自宅にいながら検査をすることができるAGA検査キットを紹介をします。

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

 

病院での治療はどんなことをするのか

AGAと診断され、患者が治療を望んだ場合、まずはじめにするのは投薬治療です。

脱毛を止める働きと髪を生やす働きのある2種類の飲み薬、または塗り薬があります。

それ以外には、メソセラピーHARG(ハーグ)療法という、成長因子などを頭皮に直接注入する治療法があります。

それでも効果が感じられない場合は、自毛植毛に移行する病院もあるようです。

ほとんどの病院では、治療を始める前にカウンセリングをします。

自分はAGAなのか、AGAではなく生活習慣の乱れなどからくる薄毛なのか、はたまた薄毛は気のせいなのか。その診断をしてから治療をするかどうか決めていくので、安心ですよね。

 

いい病院やクリニックの選び方

ここまで読んで、専門医に診てもらおうと決意した人も多いと思います。

しかし、病院を探そうと調べ始めると、たくさんの病院の情報があって何を重要視すべきか分からなくなってくるのではないでしょうか。

まずは何科に行くのか。薄毛やAGAの診断、治療を行っているのは皮膚科美容皮膚科美容外科美容形成外科AGA専門病院(クリニック)があるようです。

何科に行くかの選択も重要で、皮膚科では、主に抜け毛を抑制する薬のみを処方してくれるところがほとんどのようです。

髪を生やすための薬の処方はあまりないようなので、「とにかく今の抜け毛という現状をどうにかしたい」人におすすめす。

その他の病院やクリニックでは、基本的に抜け毛抑制の薬、毛を生成する薬の2種類を処方し、その他の専門的な治療を行っています。

「髪を生やすところまでしっかり治療したい」人は専門の病院を選ぶといいですね。

そして、AGA専門病院は、一般病院よりは数が少ないですが、全国各地にあるので、正しい選び方をしたいものです。

病院を探すときによく見ていただきたいポイントは、

  • 料金設定、プランが明確なこと
  • 苦痛を感じずに通院できそうなこと

この二つになります。

AGA治療は、保険適用外となります

料金をしっかりと提示している病院を選ばないと、かなり高額な請求額で青ざめる、なんてことになりかねません。事前にしっかり確認しておきましょう。

そして、AGAは治療を初めてすぐに効果が出るわけではありません

数か月単位での治療が必要になるので、通院すること自体にストレスを感じてしまうのは良くありません。

カウンセリングは無料という病院も多くあるので、一度行ってみて自分に合っているか、先生との相性は良さそうか、考えてから決めるのもいいでしょう。

薄毛治療の病院でおすすめは?薄毛治療の病院3選。

 

どれくらいの期間や費用がかかるのか

「治療のために病院へ行き始めたけれど、全然生えてこない」と焦らないで下さい。

個人差はありますが、投薬などの治療を始めて発毛の効果を実感するまでは、36か月の期間が一般的といわれています。

そして、満足のいく結果が得られた後、治療を一度ストップして様子をみる人も多いようです。

ですが、治療を受けたことで体質が変わるわけではありません。

投薬をやめることによって再び髪の毛が抜け始める人が多いのも事実です。

そんな時は、早めに再受診して治療を再開し、定期的に通院することをお勧めします。

次に費用については、前項で述べた通り、AGA治療は保険適用外です。

治療内容によっても変わりますが、一回の治療で15000~20000円くらいかかるのが平均的です。

高い場合は4万円以上する病院もありますが、これは病院側が自由に金額を設定できる自由診療ですので、ある程度は仕方のないことです。

病院によって料金が大きく変わるので、事前に調べておくといいでしょう。

カウンセリングは無料という病院も多いですので、そこで治療プランと大まかな費用を聞いておくと安心かもしれませんね。

60代でAGAを治療するには?60代のAGA治療・薄毛治療におすすめの厳選クリニック2選!

 

まとめ

薄毛、AGAと病院の関係の深さはお分かりいただけたでしょうか。

AGAの場合、治すには病院やクリニックを受診するのが一番です。

決して小さな金額ではないので、受診をためらったり後回しにしてしまったりすることもあるかもしれません。

ですが、髪を生やしたいと思っているならば、病院で治療を受けることが一番の近道なのではないでしょうか。

自分自身を鏡で見たときに、「ちょっと頭皮がやばいかな」と気付いた時が病院を受診するベストタイミングです。

早め早めの対策で、明るい未来を少しでも身近に感じることができるはずです。

40歳のAGA対策は?~40歳のAGAの原因と治療できるおすすめのクリニック3選~