頭皮の湿疹の原因と対処法は??頭皮の湿疹を徹底解明。

ある時から頭皮が赤くなるようになってかゆい..そんな風に悩んでいる方、何が原因でどうやって頭皮の湿疹を治していけばいいのかということを悩んでいる方を対象に、今回は頭皮の湿疹を治していく対策方法を紹介していきます。

頭皮の湿疹の種類と原因は?

頭皮の湿疹には以下が頭皮に湿疹ができる代表的な理由と言われています。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、「マラセチア菌」という通常バクテリアから皮膚を守ってくれる常在菌が異常に増殖し、皮膚の炎症を引き起こす脂肪酸を作り出すことにより皮膚が過剰に反応してしまい、発症します。他人にうつるような症状ではありません。

症状としては、発症する部位は人によって異なり、頭皮だけでなく、顔や身体にも発症するもので、症状としては、顔の鼻や生え際、そして頭や口の周りや襟足などにかゆみとともに皮膚が赤くなっていきます。頭皮の場合はかゆみや炎症だけでなく、大量のフケがでることもありますが、アトピーと異なる点としてボロボロと皮がむけていく点が異なります。

アトピー性皮膚炎

長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。炎症自体は本来免疫反応によって起こるもので最近やウイルスから身を守る上で必須のものです。アトピー性皮膚炎はこの免疫が過剰に反応することで本来退治する必要がないものに対しても不必要に炎症が起きることが病気の根本にあります。もともとアレルギーを起こしやすい体質や皮膚のバリア機能が低下していることが免疫が過剰に反応する理由としてあげられますが、疲労や強いストレスもアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

激しいかゆみのために、頭皮をかきむしることでターンオーバーが正常に行われなくなるだけでなく、頭皮に傷ができることでリンパ液がでて黄色いかさぶたになったり、血液が固まって赤いかさぶたができることがあります。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、接触した部分に「紅斑」(こうはん)「丘疹」(きゅうしん,皮膚の盛り上がる症状)「水疱」(中に水をもつ湿疹)という種類の湿疹を生じさせる、外的刺激が原因となる症状です。「かぶれ」とも呼ばれる症状で、接触した部分とそうでない部分がはっきりと境界として区別することができるのが特徴的です。

かゆみや痛みをともなう場合もあります。シャンプーやリンス、トリートメントが原因物質となることもある症状です。

皮脂欠乏性皮膚炎

皮脂欠乏性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能が低下することで、乾燥して角質がはがれてしまう状態です。

顔の化粧品しかり、過度なシャンプー等が原因となって発生します。頭皮が乾燥しやすい冬場などにその乾燥した状態のまま放置することで発生してしまうケースもあります。

頭皮の湿疹の種類別の対応策

脂漏性皮膚炎のケアと対策

症状が進行し、かなり悪化してから治療を開始する方が成人では多いようですが、早めの治療を心がけていくことが大切です。炎症を抑えるためのステロイド外用薬とマラセチアの増殖を抑える抗真菌薬での治療が基本になっていきます。かゆみに応じて、ビタミン剤や抗ヒスタミン剤を適宜使用していきます。

それだけでなく、下記のような日々の自己管理も大切です。

ビタミンBを積極的に摂取するようにし、バランスのとれた食生活を心がける。

・皮膚の清潔をこころがけるだけでなく、頭皮に優しく髪をあらう。

・紫外線を避ける。

日常生活の改善をすることで、マラセチアの増殖しやすい環境をなくしていくようにしましょう。

アトピー性皮膚炎のケアと対策

アトピー性皮膚炎の治療には薬による治療、スキンケアによる治療等がありますが、治療にはステロイド外用薬カルシニューリン阻害外用薬非ステロイド系消炎外用薬等が用いられます。アトピー性皮膚炎はよくなったり悪くなることの多い症状ですが、上記症状をみて「アトピーかもしれない」というように感じる方は、一度早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

接触性皮膚炎のケアと対策

湿疹が現れた時には原因が何かを特定することが一番の対策になりえます。「接触性皮膚炎」の中には「アレルギー性皮膚炎」のこともありますが、自分がどのようなものを食べた時に湿疹になるのか、ということがわかれば対策をすることができますよね。

一定の症状がある場合は薬による治療を行っていきますが、ステロイド外用薬などの塗り薬によって治療を行うことが多いです。医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

皮脂欠乏性皮膚炎のケアと対策

保湿剤を外用薬として書状していくのが皮脂欠乏性湿疹の主な治療方法です。

ヒルドイドケラチナミンといった保湿剤が皮膚科では処方されることが多いようです。

かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を処方してもらえます。

かゆみや痛みがある時には皮膚科をすぐに受診するようにしましょうね。

また、日々の日常のケアとして、刺激の強過ぎない洗浄剤やシャンプーを使うようにしていきましょう。

頭皮湿疹の予防や再発防止対策に頭皮に優しいシャンプーを。

洗浄力が過度に強いような合成界面活性剤が配合されているシャンプーの使用を控えて、なるべく刺激の弱いアミノ酸系シャンプーや無添加の石鹸系シャンプーを使いましょう。皮脂の分泌を正常に保ち、必要以上の皮脂を取らないためにはアミノ酸系シャンプーの使用がおすすめです。

マイナチュレ無添加シャンプーは、マイナチュレ無添加育毛剤と同じラインナップのシャンプーで、合成界面活性剤や着色料が不使用、ノンシリコンかつアミノ酸系のシャンプーなので、頭皮の皮脂の分泌を正常に保ちつつ、きしみごわつきが少ないことでハゲソリューションではおすすめしています。

マイナチュレ無添加シャンプーに限らず、自分の頭皮に優しいシャンプーを使いながら、頭皮や肌に優しい生活を送っていくようにしましょう。

my_nature_shampoo

マイナチュレ無添加シャンプー公式ページ

頭皮の状態が気になる人におすすめの記事はこちら

その他にも頭皮の状態が気になる人にむけて、以下の記事がおすすめです。読んでみてください。

マイナチュレシャンプーの口コミと効果は?厳選口コミ6選。

薄毛対策~シャンプー編~薄毛に効くシャンプーを紹介。

 

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

フィンジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です