産後抜け毛はいつまで?産後抜け毛のメカニズムと対応策をご紹介

産後抜け毛の量が増えてどうしよう..と困っている方多いと思います。産後の抜け毛ってどうして起きるのか、また産後の抜け毛はいつまで続くのかということを疑問に思っている方が多いと思います。産後の抜け毛のメカニズムとともにいつまで続くのか、そしてどういう対策をとるべきなのかということをわかりやすく説明していきます。

産後抜け毛って?

産後の抜け毛ってどういうメカニズムで発生しているのでしょうか。女性の場合、分娩後2~3ヶ月で脱毛することがありますが、これは出産によって卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減ったことが原因として考えられています。

産後抜け毛はいつまで続く?

髪の毛の数は人それぞれ生まれたときからきまっています。その決まっている本数の髪の毛が成長期、退行期、休止期を繰り返しているのです。

成長期はおよそ2年から6年とされていて、通常は髪の毛の90%ほどが成長期の段階にあるとされます。

毛母細胞の分裂が急激に衰え始めるのが退行期で、期間はおよそ14日前後とされています。この時期に髪の毛の色を決定する色素細胞の活動も緩め始めます。

そして退行期の次にやってくる期間が休止期です。休止期は3ヶ月ほどで、そのあとにまた成長期がやってきますが、このときに古い毛が抜け落ちていくのです。

産後の抜け毛はこの休止期に入る毛の量が多くなることで、一時的に髪の毛が急激に減少し、薄くなってしまうのです。そのため休止期の2~3ヶ月をすぎることで髪の毛が生え始め、元のヘアサイクルにしっかりと戻ることで髪の量も改善されます。

以上のことから、個人差はあるものの産後6ヶ月ほどから1年間ほどで抜け毛の状態が戻ることが多いようです。

産後抜け毛以外の女性の脱毛の種類

女性男性型脱毛症

女性の男性型脱毛症は、頭頂部の髪が薄くなる脱毛症で、脱毛に悩む女性のおよそ半数が男性型脱毛症にあてはまると考えられています。

産後に発生するよりも閉経を迎える更年期に女性ホルモンの分泌が減少し、相対的に男性ホルモン過剰になることで発症しやすくなると考えられている症状ですが、もし産後1年ほど経過しているにもかかわらず抜け毛や薄毛が改善していかない場合、女性男性型脱毛症の可能性があるかもしれません。

早期に医者やクリニックを受診するようにしましょう。

tokyo_beauty

東京ビューティークリニック無料カウンセリング公式ページ

 

産後抜け毛を改善するために食生活の改善を。

とはいえまず産後の抜け毛を地道に改善していくには食生活の改善をすることが大切です。

日頃の食生活で摂取する栄養素に気を配ることで、薄毛や産後の抜け毛を改善していきましょう。

◇タンパク質

髪の原料になるのはケラチンと呼ばれるタンパク質です。これは数種のアミノ酸によってこうせいされていますが、原料の安定供給がなければ生産が追いつかなくなるのは髪の毛も同じなので、きちんとタンパク質を摂取するように心がけるようにしてください。大豆やオートミール、レバーや卵、肉類や魚類などを十分に食べることで摂取することができます。

◇ビタミン・ミネラル

タンパク質を摂取してもそれの吸収を助けてくれる役割としてビタミンやミネラルをきちんと摂取することが大切です。特にビタミンB2(緑黄色野菜)や、ビタミンB6(レバーやまぐろ、かつおなど)のB群を積極的に摂取するようにしましょう。

◇大豆イソフラボン

大豆製品をしっかりと摂取することは大切です。大豆製品にはイソフラボンという栄養素が含まれています。イソフラボンはエストロゲンと分子構造がよく似ているので、エストロゲンの作用を一部変わって行ってくれることがわかっています。イソフラボンを豊富にとっておくことでその働きを補うことができるのです。豆腐や豆乳、納豆を積極的に摂取するようにしましょう。

◇亜鉛

亜鉛は人の体に約2gほど含まれ、必須ミネラルの1つになっています。亜鉛は細胞分裂の際に使われるなど、100種類を超える酵素の活性化や生成に必要とされているミネラルです。女性ホルモンの生成にも関与しています。亜鉛が不足することによって抜け毛が増えて髪がやせていくだけでなく、月芸が起こりにくくなったり貧血になったり、傷が治りにくくなるなどの症状が現れるとされています。亜鉛はカキやレバーや牛肉、そして納豆や煮干しや卵に含まれるので、食事にすこしずつ取り入れるようにしてみましょう。

産後抜け毛の改善に良質な睡眠を心がけて。

女性ホルモンは睡眠と深く関わっています。生活が忙しくしっかりとした睡眠が取れない方も多いと思いますが、工夫次第で睡眠の質を高くすることは可能です。次の3つの事項をぜひ取り入れてみてください。

◇朝起きたら、外に出て深呼吸をする

起床後、太陽の光を浴びることによって睡眠ホルモンであるメラトニンの働きを活性化することができ、夜の寝つきがよくなり、熟睡度が高まります。朝起きた時に、全身んのすみずみに新鮮な空気を送り込むつもりで、深い深呼吸を繰り返すようにしてみましょう。

◇入浴は寝る1時間前に。

眠気は高かった体温が低くなる時にやってきます。なので、お風呂を活用するようにしましょう。お風呂に入ると血流がよくなり、体温が上がります。十分に体をお風呂で温めてお風呂から上がると、入浴によって開いた血管から熱が発散されやすくなります。これにより体温が急激に下がり、そして良質な睡眠をとれるようになります。そのため、入浴の時間は就寝時間の1時間前にするようにしましょう。シャワーだと熟睡が得にくいので、体の疲れを落としにくくなってしまうことにも留意してください。

◇寝るときは真っ暗な状態にして。

照明の小さな電球をつけて寝る人も多いのではないでしょうか。しかし小さな電球でも約9ルクスほどの明るさがあるというふうにいわれています。小さな光でさえ、一晩中浴びた状態で寝ることは睡眠を阻害してしまいます。夜勤などで昼間に寝るしかない人も、なるべくブラインド等を活用し、真っ暗な状態で睡眠をとるように心掛けてください。

おすすめの産後抜け毛向けの育毛剤

さて、ここまで自力の生活改善でできる産後の抜け毛の対策についてご紹介してきました。

それに加えて、産後の女性向けにも作られている育毛剤を使用するのも1つの手段としてありなのではないでしょうか。

ベルタ育毛剤は32の成分を1000分の1にナノ化している育毛剤で、センブリエキスグリチルリチン酸2Kといった有効成分を配合しています。詳しくは公式ページを見てみてくださいね。

belta

ベルタ育毛剤

産後抜け毛に関連する記事はこちら

その他、産後抜け毛に関連するおすすめの記事はこちらになります。ぜひ見てみてくださいね。

女性用の発毛剤と育毛剤のおすすめ~女性の薄毛のメカニズムから徹底理解~

女性の薄毛に効く育毛剤って??厳選の女性用育毛剤TOP5

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

フィンジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です