抜け毛予防に使える厳選5つの抜け毛予防対策。

抜け毛が増えてきた、または抜け毛が今後増えていかないようにあらかじめ抜け毛の予防をしたいですよね。

今回はそんな「抜け毛の予防方法としてなにができるの?」と気になる方に向けて、

どうやって抜け毛の予防ができるか具体的な予防方法を5つご紹介していきます。

抜け毛はどうしておきる?

頭髪にはヘアサイクルがあります。髪の毛には成長期、退行期、休止期の3つの期間があります。

成長期は毛母細胞がさかんに分裂を繰り返し、作られた毛を上部に押し上げている期間です。

およそ2~6年で通常は髪の毛全体の90%ぐらいが成長期にあてはまります。

毛母細胞の分裂が急激に衰えてくる時期が退行期で、14日前後。

そして退行期のつぎにやってくる休止期に毛の製造や伸長がとまります。

3ヶ月ほど休止期が続き、そのあとに成長期がまたやってきますが、この時に古い毛が抜けていきます。

この一連の流れはだれにでもあるものですが、成長期にもかかわらず髪がぬけてしまう成長期脱毛症と成長毛が休止期にはいって脱毛する休止期脱毛の2つが大きな抜け毛の要因と考えられています。

そのような抜け毛を予防していく上で、必要な5つの対策について見ていきましょう。

抜け毛を予防する上で必要な5つの対策方法

抜け毛予防ポイント1:頭皮に優しい食生活を。

DHEAを豊富に含む食事をする

男性ホルモンの1種にDHEAがあります。DHEAは長寿ホルモンとも呼ばれているホルモンで、生命力を高めていく上で重要な内分泌物といわれています。

男女ともに6~7歳ごろから分泌量が増加し、20歳前後をピークに加齢とともに低下していきます。DHEAは脳に多ければ脳を活性化、筋肉に多ければ筋肉の作用を強くし皮膚に多ければ皮膚が若返り、頭皮に多ければ頭皮の働きを活性化させるといわれています。

納豆にふくまれるイソフラボンはDHEAの材料になるので、納豆を積極的に取り入れてみましょう。またイワシを食べることで、イワシにふくまれるセレンが副腎を活性化させるため、副腎から分泌されるDHEAの分泌量も多くすることができるといわれています。

大豆イソフラボンを積極的に摂取する

そして大豆イソフラボンも積極的に摂取しましょう。女性ホルモンには毛髪を育てる働きがあります。納豆も含まれますが、大豆製品にはイソフラボンという栄養素が含有されています。イソフラボンはエストロゲンと分子構造が似ているため、エストロゲンの働きを一部変わって行ってくれるのです。そのため、毛髪にプラスの影響を及ぼすと言われています。豆腐や納豆、豆乳など積極的に食生活に取り入れてみてくださいね。

抜け毛予防ポイント2:正しいシャンプーの洗い方を心がける

シャンプーの洗い方、気を配ってシャンプーできているでしょうか。シャンプーの洗い方もさまざまな洗い方が提唱されていますが、今回は絶対押さえておきたい2つのポイントをご紹介していきます。

◇髪をしっかりとお湯で予備洗いし、シャンプーをした後はお湯でしっかり洗い流す。

シャンプーの前にお湯でしっかり洗うだけでも、ほこり等のよごれをおとすことができます。しっかりと予備洗いをすることで頭皮への負担が少なくなります。またシャンプーをした後はシャンプー剤が頭皮に残らないようにしっかりとお湯で徹底的に洗い流すようにしましょう。

◇タオルとドライヤーでしっかりと乾かし、雑菌の繁殖を防ぐ

ゴシゴシとタオルで吹くのではなく、タオルで髪の根元を押さえるようなイメージで水分をしっかりとふき取るようにしましょう。また頭皮を濡れたままにしておくと雑菌の繁殖がすすんでフケやかゆみ、そして抜け毛の原因にもなりえます。ドライヤーを20cmほど頭皮から離して、頭全体を素早く乾かすようにしましょう。

◇シャンプーの前にお風呂にしっかりとつかり、頭皮の毛穴が開きやすくする

シャンプーをするまえに湯船につかることで、頭皮の血行がよくなり、頭皮の毛穴がひらき頭皮の汚れを落としやすくなります。シャンプーをする前に入れる方はなるべく湯船に使ってからシャンプーをするようにしましょう。

抜け毛予防ポイント3:頭皮を紫外線に当てすぎないようにする

紫外線も塩素や過酸化脂質と同じようにかにとって毒素になるので注意しましょう。

紫外線が肌を老化させることは広く知られていますが、顔や体には一生懸命日焼け止めをつける人でも頭皮の日焼けには無頓着だったりしますよね。

頭は体の中でも一番上に位置しているために、顔の2倍以上の紫外線を浴びているとも言われています。

頭皮が日焼けすることによって、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力成分が破壊されるため頭皮が硬くなり毛穴が収縮してしまうのです。それだけでなく強い太陽の光により、汗や皮脂が酸化しやすくなります。過酸化脂質がどんどん作られて毛穴に入り込むことで今生えている髪の毛だけでなく、これから生えていく毛まで痛めつけてしまいます。日剤が強い時期はできるだけ帽子をかぶる、日傘をさすなどして紫外線を遮断するように心がけましょう。

抜け毛予防ポイント4:清涼飲料水を控えるようにする。

スクリーンショット 2017-06-02 16.48.08

清涼飲料水には「果糖ブドウ糖液糖」や「高果糖液糖」が含まれていないか確認してみましょう。もし書かれていたら、「フルクトースコーンロップ」が含まれています。フルクトースコーンシロップは砂糖の代わりとしてしようされていますが、ブドウ糖にくらべてAGEとよばれるいわば質のわるいタンパク質に変化するスピードが10倍近くあることがわかってきているようです。AGEは頭皮の健康を阻害し、活性酸素を大量に発生させ、抜け毛や薄毛を進行させる一因になります。そのためジュースや缶コーヒーなどよりも、お茶や水をなるべく取るようにこころがけましょう。

抜け毛予防ポイント5:性ホルモンを減らさないような適度な運動をする

性ホルモンの分泌量を増やしていくことが薄毛と更年期障害を防ぎながら若々しい健康長寿を達成する秘訣ともいわれているようです。

筋トレをすると抜け毛や薄毛が進行するという意見もありますが、過剰な筋トレをしなければ大丈夫です。翌日まで疲れを残すような激しい運動をすると活性酸素の発生量が増えることで薄毛が進行することはありますが、激しい運動でなく心拍数が安静時の1.5倍ほどになる程度の適度な運動をこころがけるといいのではないでしょうか。

男性の場合はウォーキングやラジオ体操、プールでの簡単なスイミングなどやジムでの簡単な筋トレ。女性の場合は、ヨガやストレッチ、そしてウォーキングをするとエストロゲンがバランスよく分泌されることがわかっています。自分の体にあった適度な運動を心がけるようにしましょう。

抜け毛予防にあわせて使いたい育毛剤

抜け毛の予防に合わせて育毛剤を併用していくのもいいでしょう。

育毛剤には頭皮の血行促進をしたり、頭皮の炎症を押させたり、

酸化をふせぐ有効成分の入っているものを選ぶといいのではないでしょうか。

ハゲソリューションのおすすめはチャップアップです。

センブリエキスグリチルリチン酸、そしてジフェンヒドラミンHCといった有効成分がきっちり入っているだけでなく、

育毛剤初の永久返金保証がついているのが特徴的です。

積極的に予防していきたい人におすすめの育毛剤です。

chapup1

チャップアップ公式ページ

抜け毛予防に関連する記事はこちら

発毛剤や育毛剤とスカルプエッセンスのランキングTOP7とそれぞれの違いを徹底解剖。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

 
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
フィンジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です