抜け毛が多い女性に朗報。女性の抜け毛の種類と改善方法。

最近抜け毛が多い..そんな風に悩んでいませんか?抜け毛は男性だけの悩みでなく、多くの女性が悩む症状です。女性の抜け毛の種類にはどんなものがあるか、そしてその抜け毛の改善方法にはどんな改善方法があるかということをみていきましょう。

女性の抜け毛の原因は?

髪の毛の抜け毛に悩むのは男性に限ったことではなく、女性のクリニック受診者数も増加しているようです。女性の脱毛症に悩む方が増えているという説もありますが、昔から薄毛を気にしている女性は多く存在したはずです。カツラやヘアピースの利用などで目立たないように各自が工夫していたのではないでしょうか。

男性の抜け毛と同じように女性の抜け毛や脱毛原因も一つではありません。円形脱毛症や抗がん剤などの薬物による脱毛は男女関係なく起こります。また、男性だけでなく、女性にも男性型脱毛症は発生します。このように女性の抜け毛も個人個人によってかわるため、まずはどんな抜け毛や脱毛の種類があるのかをみていきましょう。

女性の抜け毛の種類

女性の抜け毛1:女性男性型脱毛症

先ほど述べたように、男性だけでなく女性にも男性型脱毛症は発症します。じつは脱毛症に悩む女性の約半数ほどはこの女性男性型脱毛症に該当するのではないかと言われています。

男性型脱毛症のメカニズムですが、男性ホルモンのテストステロンがII型の5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変化しこれが毛乳頭細胞に作用することで発生すると考えられています。

これが女性にも発生するのはなんででしょうか。女性の男性型脱毛症は、閉経を迎える更年期に女性ホルモンの分泌が減少し相対的に男性ホルモンの分泌量が多くなるために発症しやすくなると考えられています。その他、ストレス過剰な生活をしていたり、過度なダイエットによっても発生すると考えられています。

女性の男性型脱毛症の特徴としては、男性の男性型脱毛症が前頂部と頭頂部の脱毛が生じるのに対し、女性の男性型脱毛症では多くの場合頭頂部のみが脱毛し、生え際が保たれるのが特徴のようです。

女性の男性型脱毛症を解決するクリニックも多く存在してきており、中には無料のカウンセリングや、頭皮の状態を無料でマイクロスコープでチェックしてくれる東京ビューティークリニックのようなクリニックもあるので、気になる方は一度相談にいってみるのもいいのではないでしょうか。

tokyo_beauty

東京ビューティークリニック公式ページ

女性の抜け毛2:慢性休止期脱毛症

女性特有の脱毛症で、男性型脱毛症の次に多い脱毛症というようにいわれています。

10%程度で本来収まるべきである休止期に該当する毛の割合が20%ほどに増加することで発症するといわれています。30代以後に発症することが多い症状ですが、男性型脱毛症のように短く柔らかい軟毛が抜けるのではなく、長く硬い硬毛の抜け毛が増えるようです。

特別なパターンがあるわけではなく、頭部全体から抜け毛が発生するのも男性型脱毛症との違いです。原因はまだ未解明で、症状は数年持続しますが、すべての髪の毛がなくなる症状ではないようです。抜け毛の量が多く、頭頂部だけでなく全体からの抜け毛がひどい場合は、この症状の可能性があるため早期に病院等で相談するようにしましょう。

女性の抜け毛3:女性ホルモン分泌異常による脱毛症

女性の場合、分娩後2~3ヶ月で脱毛が発生することがありますが、これは出産によって卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減ったことが原因であると考えられています。この症状は長くはつづくものではなく、出産から約半年~1年ほどで髪の毛は増加し、元通りになることが多いです。また、ピルを内服している女性だと、中止後に脱毛が目立つこともあるようです。

女性の抜け毛4:過激なダイエットによる抜け毛

無理なダイエットをすると男性も脱毛になりますが、とくに女性では急激に体重を減らすために極端に食事療法を行うクラッシュダイエットの影響で慢性びまん性脱毛症になる型もいます。びまん性脱毛症とは男性型脱毛症のように局所的な脱毛症ではなく、全体的に薄くなる症状です。

栄養素が偏るのもよくないですし、栄養素が不足するのもよくありません。無理なダイエットは脱毛だけでなく身体にさまざまな悪影響を及ぼしてしまうので、気をつけるようにしてください。

女性の抜け毛5:その他の抜け毛

その他にも、鉄分が不足することで髪の毛が休止期になってしまう休止期脱毛症になってしまう症状等があります。

女性の抜け毛の改善方法

さて、さまざまな抜け毛や脱毛症の種類がありますが、そこまで抜け毛がひどくはなっていないケースもあると思います。そのような人に向けて、まず身近なところから抜け毛を改善していく方法について、紹介していきたいと思います。

生活習慣を改善する

1:喫煙はしない

喫煙している女性もいらっしゃると思います。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあるといわれています。血管の収縮が行われることによって、栄養分が髪に運ばれるのを妨げ、成長を阻害し、また毛乳頭に通っている毛細血管も収縮してしまうようです。それにより髪に栄養成分が行き渡らず、ぬけやすくなってしまうこともあるのです。

喫煙量が多い自覚がある方は、すこしずつ減らしていけるようにしましょう。

2:日頃の食生活を気をつける

日頃の食事から身体に必要な栄養素を私たちは吸収しています。日頃の食生活に氣を配ることで、髪に必要な栄養素をしっかりと摂るようにしましょう。

亜鉛

亜鉛は必須ミネラルの1つに位置付けられていて、100種類を超える酵素の活性化や生成に必要とされるミネラルです。亜鉛が不足することによって髪の毛の抜け毛が増えるだけでなく、女性の場合は月経が起こりにくくなったり、貧血になったり、傷が治りにくくなると言われています。また物忘れが多くなることにも亜鉛の不足が関係しているといわれています。

亜鉛はカキやレバー、牛肉や卵、うなぎや玄米や納豆から摂取することができるので積極的に摂取するようにしましょう。

大豆イソフラボン

女性ホルモンには毛髪をそだてる働きがありますが、大豆製品II含まれるイソフラボンという成分は女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造が似ているために、女性ホルモンの働きを一部かわっておこなってくれることがわかっています。

この大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、豆乳等に含まれているので、積極的に摂取するようにしましょう。

女性用の育毛サプリを飲む

とはいえ、日頃の生活が忙しく食生活の改善になかなか取り組むのが難しいというかたも多いと思います。

しかし、頭髪にとって必要な栄養素はしっかりと摂取していきたい。そういう忙しい生活を送っている方におすすめなのが、育毛サプリを活用することです。

育毛サプリには育毛に大切な成分が配合されているだけでなく、優良なサプリであればその他の健康面にも気を配って作られているのが特徴的です。

BOSTONサプリでは亜鉛大豆イソフラボンはもちろん、女性らしさを作っていく上で大切なプラセンタプラエリアといった成分もしっかりと配合されているので、普段の食生活にプラスアルファすることで効率的に大切な栄養素を吸収することができるのではないでしょうか。

boston_women

BOSTONサプリ公式ページ

女性用の育毛剤を使用してみる

気軽にはじめられるもう一つの本格的な抜け毛の対応策として、女性用育毛剤を使用してみるのも一つの方法です。

男性向けの育毛剤が多かったですが、昨今では女性の抜け毛のメカニズムに注目して作られている育毛剤も多く提供されるようになってきました。

中でもベルタ育毛剤は、業界最大級の56種類の頭皮ケア成分が配合されており、32の成分を1000分の1にナノ化させて頭皮に浸透しやすくしているなど、おすすめの女性用育毛剤です。

化粧品のような容器に入っているので、はじめて育毛剤を使用する女性でも安心して使うことができるのではないでしょうか。

belta

ベルタ育毛剤公式ページ

日頃のシャンプーの方法を改善する

日頃のシャンプーの方法は正しい方法で行うことができているでしょうか。

シャンプーの方法を正しくない方法でおこなっていると、抜け毛の原因になってしまいます。

特に注意すべきポイントをあげたので、自分の日頃のシャンプーの方法が間違っていないか、確認してみてください。

◇シャンプー剤をつける前にお湯で予備洗いし、シャンプーで洗った後もお湯でしっかりと洗い流す。

シャンプーをつけるまえにお湯だけで予備洗いをしていますか?ほこり等の簡単な汚れはお湯だけで落とすことができます。予備洗いを丁寧に行うことで、頭皮への負担が少なくなります。またシャンプーで洗った後も頭皮にシャンプー剤が残らないようにしっかりとお湯であらうようにしましょう。

◇爪をたてずに、ゆびのはらをおしつけずに、指の腹で押し上げるようにあらう。

爪をたてたり、ゆびのはらを頭皮の押し付けるようにしてゴシゴシあらってしまうと頭皮への負荷が大きくなり、頭皮にダメージをあたえてしまいます。

マッサージをするようにしたから上に押し上げる感覚で、やさしくシャンプーをするようにしましょう。

女性の抜け毛予防に関連する記事はこちら

女性の抜け毛予防に関しておすすめの記事は以下になります。ぜひ見てみてくださいね。

発毛剤や育毛剤とスカルプエッセンスのランキングTOP7とそれぞれの違いを徹底解剖。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

 
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
フィンジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です