止まらない抜け毛に対策を!正しいシャンプー方法で豊かな髪へ

ストレス社会のこの現代。毎日ヘトヘトになりながら帰宅して、食事をとり、ささっとシャワーで体を流して寝る。そんな日が続いていませんか。

毎日お疲れ様です。

でも、少し休憩しませんか?

忙しいから、疲れているからと言って体に気をつかってあげなければ、みるみるうちに体も心もボロボロになってしまいますよ。

髪の毛も同じでケアをしなければ、ストレスなど、さまざまな理由での頭皮環境の悪化から抜け毛が増え、あっという間に「ハゲ」状態に。

ハゲてしまってからでは改善は大変ですよ。

抜け毛が気になりだした、悩んでいる。

はたまた、抜け毛はそんなに多くないけれど、今の生活環境ではこの先が心配。という人は、まずは頭皮をいたわることから始めませんか。

今回は抜け毛対策の第一歩、シャンプーで頭皮改善を目指しましょう。

 

抜け毛は誰にでもあります

日々過ごす中で、抜け毛を見ない日ってないのではないでしょうか。

少なくとも私は、一日の中で何度も抜け毛と遭遇していますよ。

私の家は現在、小学生一人、幼稚園児二人、夫と私の5人家族ですが、一日一回、毎朝掃除機をかけているはずなのに、毎日凄まじい量の髪の毛をフィルターがキャッチしています。

そして夕食後に床の拭き掃除をすると、またもや大量の髪の毛が収穫できます。

「朝掃除機かけたよね」と不安になって、しばらく抜け毛たちとにらめっこをし、「5人いるからこのくらいの抜け毛は当たり前か」をと納得する自分がいます。

このように老若男女どんな人でも一日にたくさんの髪の毛が抜けているのです。量にして実に100本前後といわれています。

でも安心してください。これはいたって普通のことなんです。

正常な本数の抜け毛であれば、ハゲることはありません。

抜けているのにハゲない。それは髪の毛が生え変わるサイクルが関係しています。

毛根の奥の細胞で作られた新しい髪の毛が太く長く伸びる成長期、細胞が寿命を迎え、髪の毛が成長をやめる退行期、細胞がいったん休憩し、髪の毛が抜け落ち始める休止期

この3つの過程で、女性は4~6年、男性は2~5年をかけて髪の毛が抜け落ち、新しく生え変わるサイクルを繰り返しているのです。

頭皮には、数えきれないほどの毛穴がありますよね。

健康であれば、その毛穴から2~3本の毛が生えていて、全体で平均約10万本生えていることになるのです。

その10万本の髪の毛は、それぞれに生え変わるサイクルが違うため、ハゲることはないというわけです。

 

多すぎる抜け毛にはご用心!頭皮環境の改善を

抜け毛と髪の毛の生え変わりとの関係についてお分かりいただけましたか?

抜け毛があるからと、心配しすぎることはなさそうですね。

ただし、それは正常な場合の話です。

一日の抜け毛の量が確実に許容量を超えている、頭皮環境に悪影響なダメージを受け続けている、そんな人は注意が必要です。

悪影響なダメージとは、食生活、睡眠などの生活習慣の乱れストレスや運動不足による頭皮の血行不良紫外線の影響などさまざまです。

そうすると頭皮環境が悪化し、前述のサイクルが乱れることで薄毛が進行してしまいます。

心当たりがある、もしくは異常なほどの抜け毛があると感じている場合には早めに問題の改善を行いましょう。

気付くのが早ければ早いほど、乱れたサイクルの修復も早いはずです。

頭皮環境の改善としては、生活習慣の改善を基本として、育毛剤やサプリメントなど色々ありますが、気軽にチャレンジできるシャンプーケアを次項で紹介していきたいと思います。

 

正しいシャンプーケアは頭皮改善の第一歩

正しいシャンプー方法を知っていますか。

人によってやり方は違うと思いますが、正しく洗髪することで頭皮環境は変わってきます。

正しいシャンプー方法

シャワーで頭皮までしっかり洗う

髪の毛を洗おうと思ったら、シャンプーを手に取る前に、まずは頭をシャワーで流しますよね。

その時、髪の毛を濡らすのではなく、頭皮までしっかりと洗いましょう。

髪の毛に付着したホコリや頭皮にたまった皮脂、汚れなどを洗い落とし、シャンプーの泡立ちを良くするためです。

汚れを洗い落とすイメージで、1分程はすすぎ洗いをしましょう。

シャンプーをつける時は泡立ててから

汚れをきれいに洗い流せたら、シャンプーを手に取ります。

良く濡れた髪にシャンプーをつけますが、液体のまま使うのではなく、手のひらや指を使って泡立てましょう。

そうすることでシャンプー液が毛穴に詰まりにくくなり、洗い残しも発生しにくくなります。

泡立てたシャンプーを頭全体に行き渡らせたら、指の腹を使って頭皮をマッサージするように丁寧に洗います。

注意点として、爪を立てて洗うのは絶対にやめましょう。

頭皮が傷つき、更なる頭皮環境の悪化やトラブルにつながる原因となります。

しっかりと洗い流す

泡を使ってまんべんなく洗ったら、シャワーで流します。

泡で洗うとシャンプーが流れ落ちるのも早いですが、流し残しがないか、手で確認しながらきれいに流しましょう。

トリートメントも同じで、髪の水気を切り塗布し終えたら、トリートメント特有のヌルヌルした手触りがなくなるまで、しっかりと洗い流します。

ここで洗い残しがあると、かゆみやフケが発生する原因となります。

洗髪後は必ずドライヤーを

髪を洗い終えたら、しっかりとドライヤーで乾かしましょう。

濡れたまま放置していると、頭皮に細菌が繁殖し、においや頭皮環境の悪化につながります。

髪が痛むからと自然乾燥に任せていたり、髪の毛が短いからすぐ乾くといって、ドライヤーを使わずにいる人もいるかもしれませんが、それは逆効果です。

髪の毛が乾いても頭皮はまだ湿っている、つまり細菌が大好きな頭皮環境を作っているということなのです。

ドライヤーで乾かす時は、なるべく近付けすぎず、根元から先に乾かしていきましょう。

根元を乾かす時の余風で毛先はほぼ乾きます。

最後にまだ乾ききっていない毛先にドライヤーを当てることで毛の痛みなどのダメージは最小限に抑えることができます。

 

頭皮が喜ぶ育毛シャンプー3選

ここまで抜け毛対策のための頭皮改善として、シャンプー方法を見てきましたが、頭皮環境を良くする目的では、普段使っているシャンプーでも充分効果はあります。

さらに効果を感じたいという人は、頭皮に良い成分がたっぷり入った育毛シャンプーを使うことで、ダイレクトに頭皮に働きかけ、無駄な抜け毛のない、より良い頭皮環境が望めます。

おすすめの育毛シャンプーはこちらです。

ラフィーシャンプー(イーエス企画)

低刺激高保湿ダメージブロックにこだわり、ヤシの実由来の洗浄成分を用いたベタイン系シャンプー。

さらに10種類の天然由来成分と植物系洗浄成分で肌に優しく、赤ちゃんにも使えるほど

職業柄、手が荒れやすい美容師からも人気が高く、愛用している美容室も多い商品です。

 

チャップアップシャンプー(ソーシャルテック)

育毛シャンプーとして人気の高い商品。5種のアミノ酸系・植物系洗浄成分と10種の天然成分で保湿にこだわり、肌に優しい”無添加オーガニックシャンプー”です。

毛髪診断士®によるサポートも万全で、電話やメールなどで、シャンプーによるあらゆる悩みや質問に対応してくれます。

万が一、効果を感じられないなど、商品に満足できない場合は、初回購入代金を全額返金する保証があり、商品への自信が感じられます。

ケフトルアミノシャンプー((株)セラピュア)

抜け毛の悩みに効果を大きく発揮し、結果に納得できる商品。

全70種類の成分で、洗浄力ボリュームアップ頭皮改善リラクゼーションの4つの作用に特化した、アミノ酸とオイルクレンジングの相乗効果で頭皮の汚れを浮かせて洗い流す、頭皮のことを一番に考えたシャンプーです。

天然アロマ成分を配合し、シャンプー時のリラックス効果にも力を入れているため、毎日お仕事などで忙しい人におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は抜け毛対策となる正しいシャンプー方法の紹介をしてきました。

普段行っているシャンプーより手間がかかっていて、正直少し面倒くさいのも事実です。

ですが、だからといってこの手間をかけない結果が、将来的に後悔のもととなってしまう可能性が大きいのではないでしょうか。

面倒くさいことを毎日続けることで、いつの間にかその「手間」は「当たり前」になっているはずです。

その「当たり前」を続けることが、あなたの未来を左右するといっても過言ではありません。

正しいシャンプーケアで頭皮をいたわり、すっきりした気持ちで明日も一日頑張りましょう!

女性のおすすめ育毛シャンプー5選!~女性の薄毛対策~

女性の薄毛に効くシャンプーは?薄毛対策シャンプー5選!