飲み薬の発毛剤が存在する??~薄毛改善のためのサプリメント特集~

発毛剤とは?

発毛剤ってどんな効果があるのでしょうか。育毛剤と発毛剤の定義をしてみると「頭皮のフケやきかゆみ、脱毛、薄毛、種だねの脱毛症の治療や予防、防止、養毛、育毛そして円形脱毛症などの発毛促進や毛生促進などの目的で用いられる医薬品や医薬部外品の外用剤をいう」ということになっています。これらは育毛剤と発毛剤をまとめて説明したものになっていますが、はたして育毛剤と発毛剤の違いはいったいどうなっているのでしょうか。その違いも見ていきたいと思います。

発毛剤と育毛剤の違いは?

「発毛」と「育毛」の言葉の使い分けは非常にあいまいになっています。日本で購入できる薬は「薬事法」によって定められていますが、まずそれを見てみたいと思います。

薬事法とは、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」の規制や運用についての法律です。市販の育毛剤、発毛剤にはこのうち医薬品もあれば、医薬部外品もあります。では医薬品と医薬部外品はどう違うのか。育毛・発毛剤に限ると、医薬品と医薬部外品ではどのように効果が変わるのでしょうか。

薬事法によると医薬品の効能は「壮年脱毛症や円形脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防など」となっています。これに対して医薬部外品の効能は、「脱毛予防、発毛・育毛の促進など。」このように区別しているのは日本だけのようですが、これの何がどう違うのやらよくわかりませんね。

つまり医薬品も医薬部外品の効果の違いもはっきりとしていない現状、発毛剤と育毛剤の違いも、薬事法に基づいた上で判断すると明確な違いはないということになるのではないでしょうか。

発毛剤に飲むタイプは存在する?

それでは、発毛剤や育毛剤に飲むタイプのものはあるのでしょうか。そして飲むタイプの発毛剤や育毛剤にはどんな成分が含まれているのが大切なのでしょうか。実際に見ていきたいと思います。

大豆イソフラボン

イソフラボンはエストロゲンと分子構造がよく似ているため、エストロゲンの作用を一部変わって行ってくれることがわかっています。またイソフラボンはフィトケミカルの一種のため、高い抗酸化力をもっており、活性酸素の害を消しつつ、女性ホルモンのように働いてくれるイソフラボンは、毛髪力を高めてくれます。

亜鉛

亜鉛は人体に2g含まれ、必須ミネラルの1つです。細胞分裂の際に使われ、100種類を超える酵素の活性化や生成に必要とされるミネラルになっています。男性ホルモンや女性ホルモンの生成にも関与しています。

◇ビタミンB2

髪の毛や皮膚の再生、動脈硬化、白内障の予防

ビオチン

白髪、はげ予防、疲労回復、脂肪の代謝不全、脱毛・白髪の予防

パントテン酸

細胞の成長、神経中枢の発達、血液・皮膚障害、白髪の予防

ミネラル

髪・皮膚の色を保ったり、鉄分のはたらきを助ける役割があります。

飲むタイプのおすすめのサプリメント

それでは上記のような成分が含まれている飲むタイプのサプリメントではどのようなものがあるのでしょうか。頭皮にやさしくじんわりと浸透していくことが期待できるのが、BOSTONサプリ。男性用と女性用に分かれていて、どちらにも亜鉛や大豆イソフラボン、パントテン酸といった栄養素が含まれており、男性にも女性にもおすすめできるサプリです。日頃の生活に加えることで、バランスの取れた食生活を心がけてみてはどうでしょうか。

boston_sapuri

BOSTONサプリ男性用

BOSTONサプリ女性用

発毛剤に関するその他の記事はこちら

その他発毛剤に関する記事はこちらになります。ぜひ見てみてくださいね。

【厳選】発毛剤と育毛剤そしてスカルプエッセンスのランキングTOP7~発毛と育毛による育毛改善~

女性の薄毛に効く育毛剤って??厳選の女性用育毛剤TOP5

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

フィンジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です