人気育毛剤を比較してみた~成分、価格、口コミの比較~

数多くある育毛剤がある中で、それぞれを比較して何が本当にいい育毛剤なのか知りたい、というように考えている方も多いのではないでしょうか。今回は人気育毛剤の成分から価格、口コミまでそれぞれ比較してみたいとおもうので、ぜひ見てみてください。

育毛剤に期待できることは?

それぞれの育毛剤の比較に入る前に、そもそも育毛剤に期待できる効果ってどんなことなんでしょうか。

育毛剤の多くは薬事法に基づいて、「医薬部外品」とよばれる製品に分類されるものが多いのをご存知ですか。この医薬部外品の効能に関しては、「脱毛予防、発毛・育毛の促進など」というように定義されています。

また育毛剤だけでなく、スカルプエッセンスと呼ばれる製品が最近多く提供されるようになってきて注目をあつめていますが、このスカルプエッセンスは育毛剤ではなく、「化粧品」に分類されるアイテムです。

「化粧品に分類ってことは効果が微妙なの?」と感じられるかもしれませんが、化粧品=効果が低いというわけではなく、「厚生労働省の認可が降りていない最新のスカルプ成分を配合したい」という意図が感じられるケースが多いです。

そのため、それぞれの製品に入っている成分等をしっかりと見た上で判断することが大切です。

育毛剤の成分比較をしてみたら?

ということで育毛剤の成分を徹底解剖してみようということで、人気の育毛剤に入っている成分を調査して、どの成分にどの役割があるかということを明らかにしていくとともに、ランキングの作成を行いました。1位はどんな成分が入っているのか..?あの有名な成分が入ったあの育毛剤か..?と気になる方はぜひ下記の育毛剤の成分別比較ランキングTOP3~入っている成分を徹底比較~をみてみてくださいね。

【徹底比較】育毛剤の成分比較ランキング~人気育毛剤の「口コミ・評価・レビュー付き!」~

2017.06.17

育毛剤の比較ランキングを一挙公開

育毛剤をトータルで見たときのランキングを知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで成分+副作用+価格を加味した上での育毛剤の比較ランキングも独自で作成したので、トータルで考えてどの育毛剤がいいの??!

と気になる方は下記の育毛剤比較ランキング~成分や副作用や価格で育毛剤を比較しました~

を見てみてくださいね。

女性用育毛剤を比較した結果は?!

そして女性の読者のみなさまお待たせいたしました。女性に向けた、女性用育毛剤を徹底比較したので、女性用育毛剤でどの育毛剤を使っていくのがいいのか、価格も含めてどれにするのが一番自分にあっているのかと気になる方はぜひ下記の女性用育毛剤ランキングを見てみてくださいね。

女性用育毛剤の比較を徹底。ランキング&おすすめ女性用育毛剤を一挙公開。

育毛剤の比較の中で男性に人気のフィンジア

そして今回の育毛剤比較の中で男性に人気だったフィンジアをピックアップしてご紹介。

フィンジアはスカルプエッセンスと呼ばれるもので、キャピキシル5%ピディオキシジル2%、と最新のスカルプ成分を業界トップレベルに配合しているのが特徴的なアイテムです。

キャピキシルは抜け毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成に深く関わっている5αリダクターゼ酵素を阻害する働きや、髪の毛の生成において非常に重要な役割を果たしている毛母細胞と言われる細胞の中でも、萎縮した毛母細胞の復元作用が認められています。

そしてミノキシジルと分子構造がにていることからミノキシジル誘導体ともいわれていて、ミノキシジルのように副作用のリスクがほとんどなく、吸収効率がいいことで注目を集めているピディオキシジルも業界トップレベルの2%配合

それらの成分を独自のゲートアクセス理論を採用することで浸透しやすいように設計しています。

1位になるのも納得のスカルプエッセンスと言えるでしょう。

finjia2

育毛剤の比較の中で女性に人気のベルタ育毛剤

そして女性用育毛剤の中で人気なベルタ育毛剤。

ベルタ育毛剤は業界最高峰のアミノ酸配合種類数や無添加成分の配合種類数が特徴的。

32の頭皮ケア成分をナノ化させ、頭皮の奥まで成分が浸透しやすいようにも設計されています。

返金保証期間も90日間と長期間用意されているため、しっかりと試してみたいなという女性の方にもおすすめの女性用育毛剤です。

belta

育毛剤比較に関連する記事はこちら

育毛剤の比較に関してはいかがでしたか。

育毛剤の比較に関連するおすすめの記事は以下になるのでぜひみてみてくださいね。

フィンジアは効果なし?あり?フィンジアに含まれる成分を徹底調査!

ベルタ育毛剤の口コミと効果は?厳選口コミ7選。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

フィンジア