髪が抜ける原因と対策! 正しいシャンプーとお風呂の順番を知ろう

 

抜け毛、薄毛を放っておくとメンタルに支障をきたす事があるのを知っていましたか。

これは統計データ等で証明されています。

しかし、これは抜け毛、薄毛を放っておくとそういったことになるので早期の対策を進めれば問題はありません。

まずは、髪が抜ける要因から説明していきたいと思います。

 

髪が抜ける主な原因

髪が抜ける主な原因は、ストレス、生活習慣、加齢が主な原因となっています。

脱毛の種類も2種類あり、通常通り生活する上でシャンプーやブラッシングなどで抜けてしまう脱毛と女性では、産後の脱毛、男性なら男性型脱毛症などで脱毛してしまう2パターンがあります。

一般的に1日に抜ける髪の毛は50~100本と言われています。数えた事はないですが、100本を越えてくると自分で気付きます。そして、

実際髪の毛がそこそこ手についていたらショックと動揺と不安が襲ってきます。

しかし、それを気にしすぎるとそれがストレスになり、さらに悪化させる場合もあります。

もし、少しでも気になってしまったら即対策することお勧めします。理由は、次でお話しようと思います。

 

対策の重要性と心理的な影響

薄毛、抜け毛は身体的な影響より心理的な影響の方が大きいとされています。

心理的な影響としては、自尊心の低下、自信がなくなる、感情が不安定になる、内向的になる、更にはうつ状態になりやすいといったことが挙げられます。

私も抜け毛が気になり出してからは、他人の視線が気になり人間関係を遮断するようになりました。

そして今まで楽しかったことが楽しいと思えなくなり、自分は何をやってもダメだと思ってしまいました。

これが心理的な影響です。これに追い討ちをかけるように薄毛の人は、心疾患が発症するリスクが普通に人に比べて30%も上がるといったデータもあります。

薄毛で悩んでいる状況がずっと続き、うつ状態といったメンタルの問題に発展してこうなるのでしょう。

しかし、安心して下さい。抜け毛、薄毛が改善されると心理的な影響はすべて解消されます。

もう一度言います。

自尊心の低下、自信がなくなる、うつ状態すべて解消されます。

こういった理由から薄毛対策が必要なのです。薄毛、抜け毛を軽く見てはいけません。

 

正しいお風呂での順番

実はお風呂には正しい順番があるのはご存知でしたか。

正しい順番を知ることで抜け毛予防、ストレス解消に大きな影響を与えます。

まず、シャワーで身体を軽く流してから浴槽に入りましょう。

温度は38度が良いです。

熱いお湯が好みの方は、最初物足りなさを感じるかもしれませんが、汗と一緒にゆっくり老廃物を出していくようにしましょう。

軽く汗ばんできたら浴槽から上がり、次はシャンプーです。

「熱いお湯で頭皮の油分を洗うぞー」これは育毛を考えるのであれば、これはやめて下さい。

38度以上のお湯で洗うと必要な皮脂が奪われて、乾燥を促進させたり、逆に皮脂の分泌量が増えたりします。

シャンプーをしっかり洗い流した後に身体を洗い、お風呂から出ましょう。

男性は熱めのお湯の方が好きな方が多いと思います。

私もそうです。

私もやり始めは、シャワーの温度を上げたいという欲求が出ていました。

しかし、頭皮のことを最優先に考えて決して温度を上げないと意識して下さい。

人間は良い意味でも悪い意味でも慣れる生き物です。

お風呂は、心身をリフレッシュする場所なので正しい順番と温度でお風呂に入ることを心がけましょう。

 

正しいシャンプーの仕方

シャンプーの仕方を間違っていると良いシャンプーを使っているのに頭皮環境が改善されないといったこともあります。

そうならない為にも正しいシャンプーの仕方を説明していきます。

まず、予洗いを1~2分行って下さい。髪についた汚れ、ホコリを十分に落とすことでシャンプーの泡立ちが格段に良くなります。

シャワーの1~2分は思っている以上に長いです。

自分が思っているより早く予洗いを終えてしまうので、私はタイマー機能のついた物を風呂場に置いて毎回時間を計っています。

その後、シャンプーを適量手に取ったら手のひらの上でシャンプーを泡立ててから髪を洗い出して下さい。

洗う際は、爪を立てず指の腹でマッサージするように行って下さい。

爪で洗った方が気持ち良いと言う人がいますが、頭皮を傷つけてしまい頭皮環境を悪化させてしまうのでやめて下さい。

洗う順番ですが、前からではなく後頭部から洗ってください。

そして頭頂部、前頭部と後ろから前に進みましょう。

抜け毛のリスクが少ない箇所から洗っていくイメージでリスクの高い箇所の洗浄時間を減らすことが目的です。

すすぎはしっかり2分ほど行って下さい。

ここでもタイマーを使うのが良いと思います。

流す時も髪の表面だけでなく、頭皮に指を滑らすように地肌についた泡を洗い流すように行うのが良いです。

 

育毛剤のタイミング

育毛剤のタイミングですが、夜間のお風呂上りが良いタイミングです。

そして、育毛剤をつける前に手順があるので説明していきます。

まず、お風呂から上がったらある程度タオルで髪の水分を取りましょう。

水分が多い状態でドライヤーを行うと乾燥時間が長くなり、頭皮を乾燥させてしまいます。

最初は温風で7、8割乾かしたら残りは冷風で仕上げるのをお勧めしています。

冷風で仕上げる理由は、頭皮のほてりを冷ます為です。

頭皮が蒸れた状態で育毛剤をつけると効果が半減しますのでほてりを冷ます行為は大切なのです。

乾かしたら育毛剤を使用しましょう。

育毛剤をつけた後ですが、極力自然乾燥が良いと思います。浸透するにも時間はある程度かかりますし、ドライヤーで乾かしてしまうと成分が蒸発してしまい、効果がなくなってしまう可能性があります。

私は育毛剤をつけた後、すぐドライヤーをしていて頭皮がスースーする感じが効いてると錯覚していましたので同じ事をやっている方はやらないようにして下さい。

育毛剤の使用タイミング、使用前の準備をしっかり覚えておきましょう。

 

まとめ

薄毛、抜け毛の影響は心理的なストレスに大きくかかってきます。

お風呂の入り方、シャンプー、育毛剤はすべて薄毛対策に欠かせない要素です。

このことを忘れず行動、継続することで頭皮、髪に限らずメンタルも徐々に良くなっていきます。

「無理だ」「諦めよう」といった気持ちにならず、前向きな行動が自分に自信を持たせる事に繋がりますので一緒に始めましょう。

男性必見!早期の薄毛対策と適切なシャンプーの選び方!

【徹底比較】抜け毛予防シャンプー男性用のおすすめは?|薄毛予防シャンプーの特徴

育毛剤で60代男性におすすめ5選~中高年からの薄毛対策~

若はげ向けのシャンプーは?若はげ改善にオススメの効果的なシャンプー5選!