【女性の薄毛】原因を徹底解明!あの頃を取り戻すために知るべきこと

性別、年齢問わず薄毛の悩みは後を絶ちません。

薄毛に悩む女性が珍しくないここ近年ですが、この女性の薄毛という深刻な悩みが年々増加傾向にあるというのです。

悩みを解決せずにいると、みるみるうちに進行し、ヤバいと思い始めたときはもう手遅れなんてことも。

悩んでいる人が増えているとはいえ、まだ周囲の人に相談するのにはためらいがあるというそこのあなた。

ここでは頭皮の悩みを抱えた人のために最適な解決法を導くことができるようお手伝いする場所です。

ぜひ最後まで読んで、悩みや不安を少しでも取り除いてもらえたらと思います。

 

女性の薄毛について

女性の薄毛は、年々深刻化しており、薄毛に悩む女性は10年前と比べて実に8倍ほどに増加しているそうです。

その理由として、自身の外見に気を遣う人が増えていることにあります。

その結果、ヘアカラー、パーマなどのやりすぎにより頭皮が傷ついたり、乾燥したり、過度なダイエットによる栄養不足などが後々薄毛につながることが考えられます。

実は、私も数年薄毛に悩んでいたうちの一人です。

髪の毛ってボリュームがなくなりペタンとしてくると、見た目の年齢や印象などまでガラッと変わってしまって結構落ち込むんですよね。

その状態を抜け出すために様々な改善方法を試してきましたが、大事なのは、原因を知り、その原因を解決することです。

薄毛の原因は本当にたくさんあり、ストレス、栄養不足、睡眠不足、喫煙、遺伝などなど、挙げればきりがありません。

人によって薄毛の原因は違い、薄毛の原因によって改善策も違ってきます。

たくさん書き出してしまうと色々な原因が当てはまり、自分に最適な改善策は何なのか迷ってしまいそうなので、大きく生活習慣の乱れ加齢女性ホルモンの減少の3つに分けてみました。

では、この3つを詳しく見ていきましょう。

 

生活習慣の乱れ

女性であれば何度も経験したことがあるかもしれませんが、生活習慣が乱れると、お肌が荒れ、お化粧乗りも悪くなりますよね。

顔と皮一枚でつながった頭にも、同じトラブルが起こっているのです。

生活習慣が乱れ、頭皮環境が悪くなると、頭皮にできものができたり、毛穴に皮脂や汚れが詰まって、生えてくるべき髪の毛が生えてこれず、薄毛の原因となってしまいます。

その場合は生活習慣の改善で頭皮トラブルは解消されます。生活習慣の中で基本的なものと言えば、食事、運動、睡眠です。

食事の中で気を付けるべきことは、脂っこいものを食べ過ぎないこと、過度なダイエットは避けること、緑黄色野菜、たんぱく質をしっかり摂ることです。

食べ過ぎも食べなさ過ぎも良くない、バランスのいい食生活を心掛けるということですね。

次に運動ですが、運動と髪の毛ってあまり関係なさそうですよね。

では、どうしてここで紹介するのか。

実はまわりまわって密接に関係しているからです。

薄毛改善に適しているのは、ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動です。

有酸素運動は、体の血流を良くする効果があるので、薄毛の原因である頭皮の血流の低下を改善し、頭皮全体に必要な栄養を行き渡らせて、髪の毛を生えやすくする環境作りが期待できます。

睡眠も重要なことです。

睡眠不足が続くと、成長ホルモンが減少するとともに、頭皮を修復する機会を奪ってしまいます。

少なくても5時間は質の良い睡眠をとるようにしましょう。

特に夜の10時~2時の間は、髪の毛の成長に必要な毛母細胞が活発になる時間帯と言われています。

この時間はぐっすりと眠ることが理想です。

バランスのいい食生活、適度な運動、質の良い睡眠。

これが頭皮環境を整えるために改善すべき基本の3つとなります。

余談ですが、これらを続けることで健康的な体、きれいな肌づくりにもなれるんです。

きれいなモデルさんの髪がとてもボリューミーなのは、仕事柄、日ごろから自分の体に気を使っているからなのだと思います。

このように、生活習慣を正すといいことばかりですね。髪のためにも体のためにも、実践しない手はありません。

ウォーキングが薄毛や抜け毛対策に効果がある理由とその方法は?

加齢

加齢に伴い薄毛や抜け毛が目立ち始めるのは、よく聞く話ですよね。

「加齢による薄毛だから仕方ない」と諦める前に、まずは「なぜ加齢で薄毛になるのか」理由を考えてみると、解決策が見えてくるかもしれません。

年齢とともに体力、筋力が衰えると同時に、体の血流が低下します。

血流の低下は、頭皮も同じように言えることです。

若い人の頭皮は、頭皮に厚みがあり柔らかいのが特徴ですが、加齢の影響で頭皮の厚みが減り硬くなってきます

頭皮が薄く、硬くなると血流が均一ではなくなり、毛根全体に行き渡らなくなってくるのです

毛根には発毛を促す毛母細胞という細胞があり、血流が届かない細胞は働くことができなくなります。

これが加齢による薄毛の理由です。

加齢にはどんなに努力しても逆らうことはできませんが、血流の改善は努力次第で期待できそうです。

取り組みやすいものとして、有酸素運動、頭皮マッサージ、禁煙などがあります。

血流の問題以外にも、男性の悩みとしてよく挙げられるAGA(男性型脱毛症)は、実は女性がなること(FAGA)も珍しくないのです。

AGAは遺伝が関係しているため、改善しようと頑張っても、セルフケアでは進行を止めることしかできないのです。

このように、セルフケアでは限界があると感じた場合には、薄毛専門の病院やクリニックを受診するという選択肢もあります。

病院で治療が必要と診断を受けた場合には、塗り薬、飲み薬、サプリメントが処方されたり、院内で専門的な治療を受けたりすることができます。

ですが、自分がAGA(FAGA)だと確認しようがなければ、病院に行くべきなのかどうかも分からないですよね。

そんな時に、自宅で簡単にAGAの診断ができる『検査キット』があります。

心配なときは、一度試してみるのもいいかもしれません。

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

AGAクリニックの女性版の口コミ・おすすめは?

 

女性ホルモンの減少

女性ホルモンの分泌量のピークは2030といわれています。

そのピークが過ぎると急激に減少し始め、ハリ、コシなどの髪の毛の質が下降し始め、白髪や薄毛、抜け毛が目立ち始めるようになってきます。

そして更年期を迎えるころには、分泌量はごくわずかとなっており、女性ホルモンに守られていた髪の毛は細くなったり本数が減ったりしてしまいます。

こういった場合の女性ホルモンの減少を食い止めるのは少し難しいかもしれませんが、女性ホルモンをサポートするサプリメントや育毛剤を活用することで、薄毛の改善が望めるかもしれません。

更年期以外の女性ホルモンが減少する原因として、産後過度なストレス生活習慣の乱れがあります。

妊娠中、体を守るために増えていた女性ホルモンが産後に通常の分泌量に戻るために急激に減少することで抜け毛など、体調の変化を感じることがあります。

この症状は、しばらくすると正常に戻るので大丈夫です、気にすることはないですよ。

過度なストレスは、髪だけでなく、体にも良くありません。自分なりに良いストレス発散法を見つけて、うまく解消していきましょう。

ちなみに私のストレス発散法は、一人の時間を多めに作ることです。

一人で何もせず何も考えずボーっとしたり、一人でショッピングに行き、誰に気を使うことなく好きなものを見たり買ったりするとスッキリします。

あなたにあったストレス発散法で解消してください!

薄毛対策【サプリ編】~おすすめの男女別サプリ公開!成分と副作用も~

 

まとめ

いかがでしたか。

薄毛の原因を知ることがいかに大切かということがお分かりいただけたでしょうか。

原因が何であれ、諦めることはありません。

仕方ないと諦めがちな加齢によるものであっても、解決策は必ずあるのです。

そして、生活習慣の改善はどの原因においても重要です。

規則正しい生活をすると、心までスッキリしますよね。

今日からでも始められることばかりなので、髪のため、体や心のためにも早速試してみてはいかがでしょうか。

女性もAGAになる? 薄毛治療のポイントは女性ホルモン

悩める女性の薄毛対策~育毛剤・発毛剤・養毛剤の違い