発毛剤は副作用がある!?~発毛剤の副作用の真実を知る~

発毛剤や、育毛剤。広く知れ渡ってきましたが、実際に使用していく上で副作用が生じることはないのでしょうか。発毛剤を使うことで副作用あ発生することはないの?という疑問や、副作用になりにくい発毛剤や育毛剤はないの?という疑問にお答えしていきたいと思います。

発毛剤とは?

発毛剤の役割ってどんな役割なんでしょうか。育毛剤と発毛剤の定義をしてみると「頭皮のフケやきかゆみ、脱毛、薄毛、種だねの脱毛症の治療や予防、防止、養毛、育毛そして円形脱毛症などの発毛促進や毛生促進などの目的で用いられる医薬品や医薬部外品の外用剤をいう」ということになっています。これらは育毛剤と発毛剤をまとめて説明したものになっていますが、はたして育毛剤と発毛剤の違いはいったいどうなっているのでしょうか。その違いも見ていきたいと思います。

育毛剤と発毛剤の違いは?

「発毛」と「育毛」の言葉の使い分けは非常にあいまいになっています。日本で購入できる薬は「薬事法」によって定められています。

薬事法とは、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」の規制や運用についての法律です。市販の育毛剤、発毛剤にはこのうち医薬品もあれば、医薬部外品もあります。育毛・発毛剤に限ると、医薬品と医薬部外品ではどのように効果が変わるのでしょうか。

薬事法によると医薬品の効能は「壮年脱毛症や円形脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防など」となっています。これに対して医薬部外品の効能は、「脱毛予防、発毛・育毛の促進など。」このように区別しているのは日本だけのようですが、これの何がどう違うのやらよくわかりませんね。

つまり医薬品も医薬部外品の効果の違いもはっきりとしていない現状、発毛剤と育毛剤の違いも、薬事法に基づいた上で判断すると明確な違いはないということになるのではないでしょうか。しかしながら、表記できる言葉に関しては医薬品の方が規制がすくなく、効果や効能については記載しやすくなっている現状があるようです。

発毛剤に副作用はあるの?

というように、発毛剤と育毛剤の区別は非常にあいまいであるとお伝えしました。それに従って、いわゆる発毛剤といわれるものにふくまれる成分に副作用が発生しやすいのか、またどんな副作用が発生する可能性があるのかを見ていきたいと思います。

発毛剤にふくまれる副作用のリスクのある成分

◇ミノキシジル

発毛効果のある発毛剤として有名なミノキシジルですが、もともと高血圧に対する薬でした。それがのちに発毛効果が認められて、発毛剤として使われていますが、副作用になると動悸や胸の痛み、息切れを感じる人もいるようです。

◇フィナステリド

フィナステリドは5αリダクターゼの結合を妨げ、それにより薄毛の原因になるDHTの発生を抑制する働きがありますが、性欲減退や勃起不全などの副作用が発生するリスクがあると言われています。また、ホルモンバランスを乱すので、女性は使用しないようにしてください。

副作用の危険性の少ない発毛剤は?

それでは副作用の少ない発毛剤はあるのでしょうか。

発毛剤というよりも名称としては育毛剤として有名ですが、チャップアップは副作用になる可能性が低い育毛剤ということができるのではないでしょうか。

24時間閉塞パッチテスト

24時間単回皮膚接触による一次刺激性を確認し皮膚科専門医が判定やスコアリングし、基準をクリアした場合パッチテスト済みと伝えることができるようになっています。

低スティンギングテスト

かゆみやヒリヒリ感を評価する感応性テストで皮膚科専門医が判定やスコアリングをします。基準をクリアすると「スティンギングテスト済み」「低刺激性」「刺激が少ない」ということを伝えることができるようになっています。

RIPT(累積刺激性及び感作試験)

ヒト連続刺激パッチテスト。いわゆるアレルギーテストですが、基準をクリアすると、「アレルギーテスト済み」と伝えることができるようになっています。

これら上記3つの基準をクリアしていて、無添加・無香料センブリエキスやグリチルリチン酸といった有効成分もきっちり配合されているチャップアップこそ、安心して使用していきやすいのではないでしょうか。

chapup1

チャップアップ公式ページ

副作用のない育毛法

副作用のない育毛法として日頃の頭皮ケアを丁寧に行っていくということがあげられます。

以下、いくつかポイントをご紹介していきます。

頭皮への刺激をすくなくするドライヤー方法で乾かす。

ドライヤーで乾かさないで濡れたまま寝てしまうと雑菌が繁殖してしまいよくないのですが、間違えた方法で髪を乾かしていくのも頭皮にとってよくありません。

ドライヤーはなるべく上から下に向かって、髪の毛だけに当たるように心がけるようにしましょう。

また、温風でなく、冷風にすることで頭皮への影響はかなり軽減することができます。低温風&遠赤外線を使う「スカルプ用」の機能が搭載されているドライヤーも従来のドライヤーよりも頭皮に優しくなっているのでこちらを使ってみるのもありですね。

なるべく紫外線に当たらないように。

紫外線が肌を老化させることは広く知られていますよね。しかし顔や体には日焼け止めをつけるのに頭皮に対しては無頓着になってしまっている人も多いのではないでしょうか。

頭は体の中でも一番上に位置しているために、顔の2倍以上の紫外線を浴びているといわれています。頭皮が日焼けすることで、体や顔の皮膚と同様にコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力成分が破壊されてしまうのです。そうすることで頭皮が硬くなって毛穴が縮小してしまいます。

日差しが強い時期はなるべく帽子をかぶることと、日傘をさすことで紫外線を遮断するように心がけていきましょう。帽子をかぶると蒸れることで頭皮に悪影響がという話もありますが、清潔な帽子と丁寧なシャンプーを心がければもんだいありません。

紫外線対策もしっかりと行っていくようにしましょう。

発毛剤に関するその他の記事はこちら

発毛剤や育毛剤に関するその他の記事はこちらになります。ぜひ見てみてくださいね。

【厳選】発毛剤と育毛剤そしてスカルプエッセンスのランキングTOP7~発毛と育毛による育毛改善~

人気の発毛剤と育毛剤の口コミを徹底比較~自分にあった発毛剤を見つけるために~

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

フィンジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です