生え際の植毛の費用は?植毛のタイプ別メリット、デメリットを紹介!

鏡の前で前髪を上げてみてください。

昔より生え際が上がってきたと思いませんか。

地道に家で薄毛対策も良いですが、即結果を出したいという方には、今の時代植毛という選択肢があります。

生え際の印象でその人の印象も変わってしまいます。

まずは、植毛のタイプから紹介していきたいと思います。

 

植毛のタイプ

植毛には大きく分けて2種類あります。

自毛植毛と人工毛植毛です。

自毛植毛とは、その名の通り自分の毛を利用します。

髪の多い部分から少ない部分へ移植する方法になります。

AGAの影響が少ない側頭部や後頭部から気になる部分に移植するのが一般的です。

驚くことに世界で毎年20万人以上が自毛植毛手術を受けている、というデータもあるくらいポプュラー薄毛治療法です。

そして、これは薄毛の根本的な原因を改善できる方法としても認められています。

人工毛植毛とは、人工的に作られた素材を植毛していく方法になります。

素材とは、ナイロンなどの合成繊維が一般的です。

合成繊維と聞くと見た目ですぐわかるのではないかと思いますが、最近の素材は驚くほど完成度が高いのでちょっとやそっとじゃわかりません。

少し前の日本では、人工毛植毛の方がわりと一般的でした。

【徹底比較】東京の薄毛治療とAGAのクリニック5選~費用や保険適用も解説~

 

2、メリットとデメリットを比較

自毛植毛のメリット
  • 植毛して定着すれば髪がしっかり生えてくる
  • 年齢制限はない
  • メンテナンスがない
自毛植毛のデリット
  • 植毛の量に限界がある
  • 手術をするのでキズが残る場合がある
  • 定着するまで時間がかかる
人工毛植毛のメリット
  • 即日フサフサになれる
  • 植毛の量に限界がない
  • 金額は自毛植毛より安い
人工毛植毛のデリット
  • 拒絶反応が起きる場合がある
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 人工なのでわかる人にはわかる

2つの植毛を比較してみました。

互いにメリットとデメリットはあります。

自毛植毛は、価格は高く定着するまで時間はかかりますが、定着すれば納得の効果が期待出来そうです。

反対に人工毛は、価格も安く、即日フサフサを実感できますが、拒絶反応が出る可能性があるといった結果でした。

個人的には、少量の植毛なら人工毛。広範囲であるなら自毛植毛が良いと思います。

少量なら人工毛でも気づかれないですし、安価で即日対応できます。

広範囲であるなら、薄毛治療として根本的な原因を解決できるので人工毛植毛より自毛植毛が良いと思います。

大阪の薄毛治療とAGAのクリニック。検査内容や費用は?

 

生え際の植毛費用

生え際の植毛としては、生え際を下げる、M字部分の修正が主です。

生え際の印象でその人の印象も変わるとも言われています。

生え際部分の自毛植毛費用は、60万〜70万ほどと考えるのが良いと思います。

ただし、クリニックによって価格に幅があるので一概にそう言えませんが、ひとつの目安だと思ってください。

いろんな薄毛治療がある中で植毛が一番効果が実感できます。

そして継続的な治療もないので薄毛治療の中では高額かもしれませんが、長いスパンで見た時には良い選択肢の一つになります。

仮に投薬治療が月2万だとすると年間24万です。

投薬治療を3年以上続ける場合なら自毛植毛のほうがお得になります。

人工毛植毛なら生え際ですと、安ければ20万円からと自毛植毛より安いですが、定期的なメンテナンス費用もありますので、長い目で見た時には自毛植毛が良いと思います。

福岡の薄毛治療とAGAのクリニック。検査内容や費用は?

 

1株とはどれくらい?

専門のクリニックは、基本料金と1株(グラフト)○○○円で計算して費用が決まるのが一般的です。

では、その1株とはどれくらいの量なのか気になりますよね。

1株とは、おおよそ1〜4本の植毛量になります。

なぜかと言うと、頭皮の1つの毛根に対してだいたい2〜3本の髪が生えているからです。

平均2.5本というデータもありますが、現実的には2本と考えるのをお勧めします。

費用を簡単に計算しやすいですし、少し高めの費用計算になりますので思わぬ金額にも対応出来ます。

ちなみに計算としては、1000本増やしたいと思うと500株ほど必要と考えて頂ければ良いです。

簡単ですよね。

2.5本計算なら400株です。

さすがに2本という数字は少ないような気がしますが、すこし高く見積もっておけば、金銭的な余力を残すことが出来ると考えますので、この数字で計算するのが良いと思います。

 

5、場所別の費用

場所別の費用
  • 生え際でも少々上がっている場合 100万円
  • つむじ周辺の頭頂部 100万円
  • 生え際とつむじ 120万円
  • 前頭部からつむじまでの広範囲 150万円

生え際から薄くなっていく人もいれば、頭頂部から薄くなる人もいます。

これもあくまで目安になりますが、自分がどこまで望むかで金額は変わります。

気になる方は、お近くの専門のクリニックに相談することをお勧めします。

AGAと薄毛治療におすすめのクリニック【口コミと評判も】

 

まとめ

生え際の植毛を検討されているのでしたら、自毛植毛をお勧めしたいと思います。

人工毛植毛は、金額的には自毛植毛より安いかもしれませんが、定期的なメンテナンスもありますので長期的にお金がかかってしまいます。

いきなり植毛は、金銭的に厳しいといった方は投薬治療という選択肢もありますので広い視野を持って対策を行うと良いと思います。

まず、お近くの専門クリニックに相談してみましょう