フィンジアは効果なし?あり?フィンジアに含まれる成分を徹底調査!

finjia

フィンジアって実際効果ないの?効果あるの?と気になるけど使ったことがないからわからない..という人も多いのではないでしょうか。フィンジアって実際効果あるの?フィンジアの口コミはどうなの?という方に向けて今回はフィンジアに含まれている成分を徹底的に調査しました。

フィンジアって?

フィンジアはミノキシジルよりも高い発毛効果があるといわれているキャピキシルを5%配合していることで有名なスカルプエッセンスです。

キャピキシルとは、イソフラボンがたっぷりと含まれた「アカツメクサ」「アセチルテトラペプチド-3」が合成されることで生成されます。

またもうひとつの注目のスカルプ成分、ピディオキシジルが配合されていることも特徴。

その2つのスカルプ成分が頭皮に浸透しやすいように、カプサイシンを配合することで頭皮に成分が行き渡りやすいように設計されています。

2015年に販売開始されて以来爆発的に販売され、3度以上の在庫切れ状態になったこともあるスカルプエッセンスフィンジア。その成分の特徴の実際を見ていきたいと思います。

フィンジアの成分は??

◇キャピキシル

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社によって開発された発毛成分であり、天然成分に由来した上で効果を実証した発毛成分として近年大きな注目を集めるようになりました。天然成分に由来したアプローチであることから、副作用の危険性のためにミノキシジルによる治療に踏み切れなかった方に新たなアプローチを提案したといえます。

キャピキシルの主成分もまた「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という成分が由来になって作られています。それぞれの成分を見てきます。

・アカツメクサ花エキス

アカツメクサは薬用ハーブとしてと使用用途も知られており、多くの人が薬用ハーブとして使ってきました。アカツメクサ花エキスの中に含まれている「ビオカニンA」という成分は、強力な男性ホルモンとして抜け毛を促進させるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの生成を阻害する効果が認められています。フィナステリドと同様の効果をもっている成分が天然草から得られるとして注目されています。

・アセチルテトラペプチド3

強力な細胞修復作用をもっている4つのアミノ酸で生成されているアセチルテトラペプチド3は、最先端の医学でも活用されています。この強力な細胞修復作用が毛母細胞の修復にも作用することで発毛効果があるとされています。

これらの効果、つまり発毛促進効果と、5αリダクターゼの生成阻害の効果が合わさり、ミノキシジルの3倍の発毛効果があるとされています

純粋に発毛促進効果だけで3倍ではない、という点には注意が必要ですね。とはいえ、ジヒドロテストステロンの発生を結果的に阻害することは発毛や育毛を促進していく上では大切な上、天然成分由来で、ミノキシジルのような副作用のリスクはほとんどないことは大きなメリットと言えるでしょう。

◇ピディオキシジル

ミノキシジルと同様に血管拡張の働きがあるピディオキシジル。血管がひろがると血流がよくなります。また血行が促進されることで、発毛に大切な栄養が毛根にしっかりと行き渡るようになるのです。

ピディオキシジルには毛母細胞を活発化させる働きもあります。毛母細胞を活発化させることで、毛包全体が大きく成長し、健康的な髪が育ちやすくなるのです。そのような効果がピディオキシジルにはあります。

また、EGF・PPTEという成長因子がふくまれているピディオキシジルには眠っている毛母細胞を復活させる効果もあります。つまり、毛母細胞の復活+毛母細胞の活性化に効果を発揮するといえます。

◇カプサイシン

名古屋市立大学大学院医学研究科のグループの研究によると、トウガラシに含まれる「カプサイシン」と豆腐や大豆食品に含まれる「イソフラボン」を同時に摂取しつづけることで体内に「IGF-1」とよばれるタンパク質が増え、髪のもとになる毛母細胞を刺激することがわかっています。

「イソフラボン」はフィンジアに配合されている「ヒオウギエキス」に含まれているため、この点からも発毛効果を期待することができそうです。

◇センブリ

毛根の一番下にハサミのような形をした毛球があり、この毛球部の底にあるくぼんだ部分が毛乳頭といわれます。毛乳頭を囲むように毛母細胞がたくさん存在しています。毛母細胞は毛細血管から栄養を吸収しながら増殖や分化を繰り返すことで毛髪を作り、上に伸びていきます。そして毛乳頭が毛髪の生産司令室の役割を果たしているのです。

センブリにはアマロスウェリンやアマロゲンチンといった毛乳頭の細胞活性化作用の働きをする成分が含まれるため、毛乳頭の働きを活発化させることで発毛や育毛に効果があるとされています。

またセンブリにふくまれるスウェルチアマリンや、キサントンといった成分には抗炎症作用や抗酸化作用があるとされ、頭皮の炎症を防ぐことや、老化促進成分である活性酵素の生成を抑制することができ、健康的な髪をつくるうえで役立ちます。

◇グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kには抗炎症作用や抗炎症作用・抗アレルギー作用があり、頭皮の炎症を抑えることで髪の毛の成長しやす環境を整えることを期待できます。それによって脱毛抑止や育毛効果を期待することができます。

また、グリチルリチン酸2Kには高い殺菌効果があることから頭皮のおける菌の繁殖を防ぐとともに、フケやかゆみの防止や対策の効果があるとされています。

フィンジアの成分に関連する記事はこちら

フィンジアにふくまれる成分に関しては理解できましたか?フィンジアは髪の毛の成長を促す上で、高い効果を発揮するために設計に工夫が見られるなと感じられました。

髪の毛や薄毛が特に気になっている人におすすめの製品だと思います。

ぜひ公式ページもみてみてくださいね。

finjia2

フィンジア公式ページ

フィンジアに興味がある人は以下の記事もぜひみてみてくださいね。

【厳選】発毛剤と育毛剤そしてスカルプエッセンスのランキングTOP7~発毛と育毛による育毛改善~

 

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。