FAGA(女性男性型脱毛症)とは?原因と対策方法を一挙公開。

FAGA(女性男性型脱毛症)という女性の脱毛症について聞いたことあるけど実際どういう症状なのかよくわからない..

FAGAって具体的にどんな症状なのか、原因は何なのか、どうやって対策を取れるのかということを網羅的にご紹介していきます。

FAGA(女性男性型脱毛症)って?

faga

近年、薄毛に悩む女性が増えてきています。原因は様々考えられますが、女性の社会進出に伴うストレス増加だったり食文化の変化による栄養素の変化、またはそもそも悩んでいる方の数は変わっていないけれども、女性向けに提供されている商品やサービスが増えてきたことで女性の薄毛の悩みが目立つようになったというようにも言われています。

このように年々増加している女性の薄毛の悩みですが、その約半数が「FAGA(女性男性型脱毛症)」に当てはまると言われています。

FAGAの症状としては以下のような症状が当てはまります。

  • 主に生え際から頭頂部にかけて抜け毛が増えていく
  • 毛髪が軟毛化して地肌が透けて見えるようになる
  • 徐々に細く弱々しい毛が抜けるようになる
  • 30代前半に気づく場合が多い

<原因>

FAGAの原因としては加齢に伴う女性ホルモンの減少による男性ホルモンの優位にあります。

しかし中には男性のAGAの症状と同じように10代で発症するケースもあります。

思春期前の男女が発症してしまうAGAやFAGAの症状の場合、「超早期脱毛症」と呼ばれています。

一方で、祖父や男系親族に薄毛の人がいると発症しやすい症状であるともいわれています。

遺伝的に薄毛になりやすい素因の場合だと、血中のエストロゲンと男性ホルモンの割合が脱毛症(薄毛)の発症に関わっているといわれます。

ただFAGAがどのように遺伝するのかは解明されておらず、遺伝のせいだけに原因を求めるのは難しい症状です。

自分もFAGAかも?FAGAの原因は?

直接的な原因としてはホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンに対して男性ホルモンが優位になることが原因です。

ではそのホルモンバランスが乱れとして、どのような原因があるのでしょうか。

下記の原因にそれぞれ自分が当てはまらないかチェックしてみてください。

1:加齢によるエストロゲンの減少

FAGAを引き起こすエストロゲンの減少ですが、その原因として「加齢」によるエストロゲンの減少が考えられます。

加齢自体は誰にでも平等に起こるものですし、誰にも止めることができないものです。

しかし女性においてはその加齢が薄毛の原因になってしまいます。

エストロゲンの分泌は30歳前後がピークであると言われており、加齢とともに右肩下がりに減少していきます。

この加齢によるエストロゲンの減少も、FAGAの原因になるのです。

estrogen_nenrei

 

女性ホルモンのエストロゲンは図のように30歳前後を堺に年々減少していきます。誰にでも起こることなので、この原因自体は仕方がありません。対策は下記でご紹介していくのでご安心を!

図の出典:nyuugan.com

 

2:精神的ストレスによるエストロゲンの減少

「ストレス」も現代を生きる女性の多くにあてはまるのではないでしょうか。

ストレスはホルモンバランスを乱すのみでなく、薄毛にも非常に大きなインパクトを与えてしまうのです。

人間に精神的ストレスがかかると、副腎皮質からコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌されます。

それによって体をさびさせてしまう活性酸素を発生させ、髪の毛の成長にダメージを与えてしまうと言われています。

そしてそれ以上にFAGAの原因にもつながってしまうのが、ストレスによる女性ホルモンのエストロゲンの減少です。

「ストレスで生理が止まる場合がある」ということは女性であれば耳にしたことがあると思いますが、そのようにストレスとエストロゲンの分泌は密接に関わっており、FAGAの原因になりうるのです。

ストレスフリーの生活というのは難しい現代、FAGAを引き起こしている根幹的な原因ともいえるかもしれません。

3過度なダイエットによる栄養素不足

過度なダイエットや偏食は特に若い女性にありがちなことだと思います。

しかし行き過ぎたダイエットをしたり偏食によって栄養摂取が充分でないために薄毛が起きることがあるのです。

毛髪の8割はケラチンとよばれるタンパク質でできているにもかかわらずタンパク質をはじめとするビタミンやミネラルなどの栄養が全体的に不足しており、一方でパスタやラーメン、パンやお菓子などの炭水化物の摂取が多くなっているケースが多いようです。

普通の食事からタンパク質とビタミンを十分に摂取していないことで原因になってしまうことがあります。

FAGAの対策・治療方法は?

上記のようなFAGAを引き起こす要因をみてきましたが、自分に思い当たる原因はいくつかあったでしょうか。

FAGAの原因がわかっても具体的にどうやって対策や治療をしていけばいいのか、ということがわからないですよね。

具体的にどうやってFAGA(女性男性型脱毛症)の対策ができるかということについて、1つだけでなく複数のアプローチ方法から考えていきましょう。

身近にできる方法から、かなり本格的な方法までご紹介していくので、ぜひ自分にあった対応策でFAGA対策をしてみてくださいね。

FAGAに向く女性用育毛剤の使用

女性の薄毛や抜け毛が一般的になってきたこともあり、男性の薄毛対策用の育毛剤だけでなく女性用育毛剤も数多く提供されるようになってきました。

女性用育毛剤を使用することによって毛髪のヘアサイクルを整えてFAGAを改善していくという方法もあります。

今回は特に成分、価格の2つの点からおすすめの女性用育毛剤を2つご紹介します。

1:ベルタ育毛剤

belta_ikumozai

ベルタ育毛剤は、無添加成分の種類数が業界トップで、安心して使いやすいようになっているのが非常に特徴的ですね。

またアミノ酸の配合種類数も業界最高峰で、32の頭皮ケア成分を1000分の1にナノ化させることによって頭皮に浸透しやすい状態にしているのも大きなポイントでしょう。

育毛有効成分として頭皮の血行促進作用のあるセンブリエキス、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2K、そして酢酸トコフェノールといった成分をしっかりと配合しています。

育毛有効成分がしっかりと配合されている上に、アミノ酸成分がたっぷり配合されているので、頭皮に対して有効に働きかけてくれることが期待できます。

返金保証期間が90日間あり、さらに初回購入価格も3980円と比較的購入しやすいのもポイントです。

ベルタ育毛剤公式キャンペーンページ

2:マイナチュレ無添加育毛剤

mynature_ikumozai

マイナチュレは無添加シャンプーやコンディショナー、無添加サプリなど多くの無添加製品を提供していますが、そのなかでもこのマイナチュレ無添加育毛剤は代表的な存在ということができるのではないでしょうか。

センブリエキス酢酸-DL-α-トコフェノールといった育毛有効成分をしっかりと配合しながらも11種の無添加を実現。

そして髪の毛にいいとされる海藻由来成分の中でも厳選された北海道日高沖産のミツイシ昆布を配合し、10種のアミノ酸27種の天然由来成分も配合しています。

返金保証期間も180日間という、女性用育毛剤の中でまず間違いなくトップレベルの長期間の返金保証期間も用意されているので、これから初めて育毛剤を使用していくという女性の方にとっても使っていきやすい育毛剤になっていますね。

無添加やオーガニックの製品が好きな女性におすすめの無添加育毛剤です。

マイナチュレ無添加育毛剤公式ページ

FAGA専門クリニックの受診

育毛剤の使用以上にもっと本格的に治療をしたいというように考えている方には、FAGAの治療を専門にするクリニックの受診がおすすめです。

FAGAの専門クリニックの受信による治療は育毛剤の使用に比べて比較的高価格になってしまうのが特徴です。

その代わり診断を受けた上での治療を受けることができるため、FAGAがだいぶ進行してしまっている方や、価格的に問題のない方には受診がおすすめです。

幾つかのFAGAを専門とするクリニックがありますが、特に東京ビューティークリニックでは銀座院、新宿院、渋谷院、梅田院、福岡院、名古屋院、札幌院、大宮院と全国的に展開されているクリニックで、男性のAGA治療で有名なAGAスキンクリニックと提携している医院なので本格的な治療を安心して受けることができます。

初回は無料で発毛/育毛体験診断を受けることができるため、気軽に相談にいってみるのもいいと思います。

tokyo_beauty_clinic

東京ビューティークリニック無料カウンセリング予約ページ

FAGAに向くサプリメントの利用

もうひとつの育毛方法として、FAGAにむくサプリメントの利用も考えられます。

特に育毛していく上で大切な栄養素を日頃の食生活だけで十分に摂取するのは難しいことです。

育毛をしていく上で大切な栄養素をご紹介するとともに、それらの成分が配合されているおすすめのサプリメントもあわせてご紹介していきますね。

FAGAの改善にあたって積極的に摂取したい成分

育毛していく上にあたって摂取すべき優先順位の高い成分、低い成分があります。

そこで今回は摂取すべき優先順位の高い成分には何があるかをご紹介していきます。

パンテトン酸カルシウム

パンテトン酸カルシウムはビタミンB群の一種で、毛髪だけでなく皮膚などの細胞成長や代謝に不可欠です。

他のビタミンと同様に体内で作り出すことのできない成分で食べ物から摂取する、もしくはサプリから摂取することが大事な成分です。

女性の1日の必要量は6mgといわれていて、細胞の成長や代謝に欠かせないだけでなく、マウス実験により白髪にも効果があるといわれています。

ケラチン

髪を構成して髪の毛のもとになる髪の成長に欠かすことのできないタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸という構成成分の組み合わせで構成されていますが、ケラチンは主にL-シスチンから構成されています。

タンパク質の一種なので肉類や大豆から賄うことができます。

L-シスチン

ケラチンと同様に髪を構成し、髪のもとになるアミノ酸です。髪の毛はほとんどがケラチンとシスチンでできています。

L-シスチンは必須アミノ酸のL-システインが2分子結合したアミノ酸です。

そのためL-シスチンもほぼ必須アミノ酸ということができますが、必須アミノ酸は体内で合成することができず食事またはサプリから摂取する必要があります。

L-シスチンはアルコールやタバコの摂取によって大量に消費されるのも特徴的でそのため飲酒や喫煙が薄毛の原因のひとつであると考えられています。

また同じように薄毛の原因とされている活性酸素に対して抗酸化作用がありこの点においても髪にとって重要なアミノ酸です。

葉酸(ビタミンM)

細胞分裂に不可欠なビタミンの一種です。妊娠した女性は胎児の活発な細胞分裂に対応するために、1日に400μgを必ず摂取することをすすめられます。

髪の毛母細胞も細胞分裂のスピードが早いため、活発に細胞分裂を繰り返して髪が成長するためには葉酸は欠かすことができない成分です。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは髪の持続的な成長において最も重要とも言える女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似していて似た働きをします。

ヘアサイクルを整えるために大切な成分であるIGF-1という細胞成長因子の分泌を促し、髪の成長に効果を発揮します。

また大豆イソフラボンに含まれるゲニステインは加齢による薄毛の原因とされる活性酸素に対する強力な抗酸化作用を持っています。

豆腐や納豆から摂取することができる大豆イソフラボン。1日の推奨摂取量は75mg。しかし日本人は平均わずか30mgしかとることができていません。

そこで食事から取り切れない分はサプリを活用することによって摂取することがおすすめです。

亜鉛

亜鉛は細胞の新陳代謝にかかわる200種類以上もの酵素を構成する重要な成分です。

タンパク質の合成や細胞分裂を助ける効果を持っていて抗酸化作用もある必要不可欠なミネラルで、エストロゲンを含む性ホルモンの生成にも関与しています。

またFAGAの原因物質とされているDHTの産生に深く関わっている5αリダクターゼを抑制する効果があることでも知られています。

亜鉛は食べ物だけで十分に摂取することが難しい一面があり、微量ミネラルの中で最も欠乏しやすい栄養素でもあります。

お酒をよく飲む人や偏った食事をしているダイエット中の人、食事の摂取量が足りない高齢者などに不足しがちな成分なのでサプリの利用は効果的といえるでしょう。

FAGAの改善におすすめのサプリメント

上記のような摂取すべき栄養素をすべて日頃の食事から補おうとするのは忙しい生活を生きる現代の女性にとってなかなか難しいことだと思います。

そこでサプリメントの利用がおすすめですが、複数のサプリメントを利用するのは効率も悪く、摂取量を考えるのも面倒くさいことだと思います。

そこで上記の育毛していく上で大切な成分を効率よく摂取できるおすすめの育毛サプリメントを2つご紹介します。

1:Growth Project BOSTON for Ladies

growthproject_boston

リニューアルして新しくなったBOSTONのGrowth Project。大豆イソフラボン、亜鉛、ケラチン、L-シスチン、パントテン酸カルシウム、葉酸と上記の成分をしっかりと配合。

その上このBOSTONサプリの特筆すべきは、女性ホルモンのエストロゲンを活性化させるプエラリアや、細胞分裂を活性化させる「細胞増殖因子」が豊富なプラセンタを配合。

包括的に育毛や体にとって必要な栄養素を摂取することのできる非常にバランスの取れたサプリメントですね。

GrowthProjectBOSTON for Ladies公式キャンペーンサイト

2:マイナチュレ無添加育毛サプリ

mynature-sapuri

葉酸亜鉛ケラチンシスチンといった上記成分を配合し、さらに美容にもいいコラーゲンやヒアルロン酸も配合しているマイナチュレ無添加サプリ。

16成分を無添加にしているため、安心して使いやすくもなっています。

マイナチュレの育毛剤と合わせて使っていくのもいいかもしれませんね。

マイナチュレ無添加オールインワンサプリ公式キャンペーンサイト

FAGA対策に効果的な身近な対策方法

FAGAを具体的に対策していく方法をみていきましたが、より身近な対策方法についてもあわせてみていきましょう。

①日頃の食習慣の改善

育毛剤やサプリの利用もいいですが、日頃の食習慣を改善することも長期的に考えるととても大切なことです。

下記に記載されている食べ物を積極的に摂取するように心がけてみてくださいね。

大豆イソフラボンの摂取

大豆イソフラボンは上記でもご紹介しましたが女性ホルモンのエストロゲンの分子構造と似ているために一部エストロゲンの働きをかわって行ってくれることで知られています。

大豆イソフラボンは納豆や、豆乳や豆腐など大豆食品から摂取することができます。

日本人は平均的に1日の推奨摂取量を摂取することができていないため、意識的に摂取していくようにすることが大切です。

亜鉛の摂取

亜鉛には抜け毛ホルモンであるDHTの生成に関与している5αリダクターゼ酵素を抑制する働きがあります。

亜鉛は主にカキやレバー、牛肉や卵や納豆に含まれています。

ぜひ日頃の食事に取り入れるようにしてみてくださいね。

タンパク質の摂取

タンパク質はもちろん体を作っていく上で一番大切な成分であるといっても過言ではない成分です。

体の内臓、骨、筋肉、髪の毛や爪まですべてタンパク質からつくられるため、不足することによって薄毛の原因になってしまいます。

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、肉や魚、そして大豆食品から摂取できます。

こう見ていくと大豆食品の力って素晴らしいですよね。

日頃の食生活に豆腐をなるべく加えるようにして、バランスの良い食事をぜひこころがけてみてくださいね。

②日頃のシャンプーもより刺激の少ないものを使う。

FAGAなどの対策を取っていく上で、シャンプー剤もなるべく頭皮に刺激が少ないものを使用するようにしましょう。

アミノ酸シャンプーと石油系シャンプーの違い

アミノ酸シャンプーと石油系シャンプーの違いをご存知ですか?一般的に市販されている多くのシャンプー剤には「ラウリル硫酸ナトリウム」とよばれる成分が配合されています。

このような石油系界面活性剤が配合されていると、頭皮への洗浄力が強く洗い心地がいい反面、頭皮の皮脂を取りすぎてしまい、結果的に皮脂を過剰に分泌して頭皮にダメージを与えてしまうと言われています。

石油系界面活性剤を使用していないアミノ酸系シャンプーといわれるシャンプーでは、石油系シャンプーに比べて洗浄力が弱くなりますが、頭皮への負担が軽くなるため薄毛に悩む女性におすすめのアイテムです。

マイナチュレ無添加シャンプーは有名なアミノ酸系シャンプーなので興味のある方はぜひ利用してみてくださいね。

マイナチュレシャンプーの口コミと効果は?厳選口コミ6選。

FAGAに関連するおすすめの記事はこちら

FAGAに関しての原因と対策方法を網羅的にご紹介していきました。

今回の記事を参考に何かしらご自身の悩みについて対応するきっかけになれば嬉しいです。

最後に今回ご紹介したベルタ育毛剤についてもう一度ご紹介するので、興味がある方はぜひ90日間返金保証付きの公式キャンペーンサイトを見てみてくださいね。

belta_ikumozai

ベルタ育毛剤公式キャンペーンサイト

また、FAGAに関するおすすめの記事は以下になります。ぜひみてみてくださいね。

女性の抜け毛予防におすすめなシャンプー厳選5本。~抜け毛の原因も~

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

 
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
フィンジア