正しいAGA予防をしていますか? AGAの原因と対策

公益社団法人 日本皮膚科学会が2017年に発表するガイドラインによれば、日本人男性の3割が男性型脱毛症(AGA)を発症していると報告されています。

歳をとるほどAGAによる薄毛の進行リスクは高まりますが、近年では若年性脱毛症と呼ばれる10代から30代にかけて深刻な脱毛症を発症するケースも増えています。

しかし、これらの脱毛症は原因さえ突き止められれば、対策はそれほど難しくありません。

たとえば「運動不足の解消、喫煙者であればタバコをやめる」など、特別なことをしなくても薄毛を改善することができます。

簡単に取り組めるAGA対策を進め、ぜひ薄毛を予防してみましょう。

 

10代でハゲる若ハゲもAGA? AGAの種類とは?

AGAの特徴として、そのパターン化された脱毛現象に注目するべきでしょう。

たとえば、頭頂部のつむじ当たりを中心にカッパのように薄毛が進行する「O字型」

ドラゴンボールのベジータのようにこめかみから薄毛が進行する「M字型」

お笑い芸人の江頭2:50のようにオデコが全体的に後退する人は「U字型」

など、AGAは大きく3つのパターンに分けることができます。

10代から30代でこのようなパターンが確認できる場合は「若年性脱毛症」

40代以降の発生は「壮年性脱毛症」と呼ばれ、どちらもAGAとして世に広く知れ渡っています。

10代のハゲと薄毛の対策方法が気になる!~10代でハゲた時の本格的な対策方法とは~

AGAは遺伝が原因! 遺伝子検査のススメ

もちろん、薄毛の原因を遺伝だけに決めつけることはできません。

しかし、AGAにおいて男性ホルモンの変質とホルモンの受容は遺伝によって左右されることも事実です。

薄毛と遺伝子の関連性については別記事「ハゲは遺伝するって本当? 遺伝で語る薄毛の原因と対策」で詳細に執筆しております。

もしも「親戚に薄毛の人がいる」「祖父がハゲている」など、気になるようであれば病院やクリニックで遺伝子検査の受診することで、AGAの原因を特定することをオススメします。

若年性で疑わしいのは遺伝だけではなく・・・

「若いうちのハゲと白髪は苦労の証」と言われることもありますが、近年における若ハゲも白髪も「重度のストレスから来るものではないのか」と問題視される傾向があります。

別記事【「ストレスで抜け毛が増える」は本当? 薄毛の原因と対策】では抜け毛、薄毛の原因がストレスによるものかどうか、確認することができます。その抜け毛がAGAによるものなのか、それとも原因は別にあるのか、心当たりがあるようであれば、こちらも参考にしてみてください。

 

3つの習慣でAGAの進行を遅らせる! AGAの予防策は1つじゃない!

たとえば、AGAを発症した人に有効な治療法として「ミノキシジル」という成分を含んだ育毛剤による薬剤治療が有名です。

もちろんAGAを治すためのものなので、予防対策として使うには気が早いでしょう。

育毛剤は消耗品としてはお高く、気軽には使えません。

まずは簡単に行える予防対策でAGAを防ぎましょう。

運動で流す汗にはAGAの原因となる成分が排出される

AGAの原因ともなる「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンは体を動かし汗を流すことで体外に排出されます。

運動は適度にホルモンバランスを整え、血管の収縮と拡張を繰り返すことで髪にも栄養が行きわたりやすくなります。

男性にも言えることではありますが、特に女性は筋肉が少ない人ほどホルモンバランスが崩れやすくなります。

別記事「7割以上の女性が薄毛を気にしている! 薄毛の原因と対策」ではホルモンバランスについて詳細にまとめております。

たとえば、ヨガやジョギングであれば冷え性の改善にも繋がり、薄毛の改善にも繋がることはご存知でしょうか?

女性の薄毛対策はランニングやジョギング。有酸素運動で効果あり。

ストレスを緩和させることでAGAの進行を遅らせる

精神的なストレスによって自律神経の働きに異常をきたすと「食べ過ぎてしまう」「血圧が上がってしまう」など、AGAの進行を助けてしまいます。

一番のオススメは体を動かすことでストレスを発散させることですが、ストレスを貯める人ほど忙しく簡単には取り組めないことでしょう。

別記事【「ストレスで抜け毛が増える」は本当? 薄毛の原因と対策】ではストレスと薄毛の関連性にフォーカスし「ストレスを利用する」という部分に着目して対策をまとめております。合わせて参考にしてみてください。

頭皮の清潔さを常に保ちAGAの進行を遅らせる

AGA予防として最も簡単なのは、頭皮の清潔さを保つことです。

セルフケアとして薄毛を気にされるのであれば、まず間違いなく洗髪は正しい行いだと言えます。

シャンプーの中身は気にされていますか?

たとえば、洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎると肌荒れによって逆にAGAを進行させてしまいます。

別記事「男性向けの抜け毛予防シャンプーはこの成分に注目して選ぶ!」ではシャンプーに含まれる成分に着目して「肌の弱い人」「脂汚れを気にする人」「一刻も早く効果を実感したい」など、タイプ別に分けてオススメの成分とシャンプーをまとめております。

また、別記事「洗髪の仕方で予防コスト削減! 市販のシャンプーで薄毛予防」では洗い方について中心に執筆しております。合わせて参考にしてみてください。

【徹底比較】抜け毛予防シャンプー男性用のおすすめは?|薄毛予防シャンプーの特徴

まとめ

AGAの原因は遺伝によるところが大きくなりますが、その予防は正しい生活習慣によって対策を講じることが可能です。

「遺伝子を生活習慣で捻じ曲げられる訳がない」と思われるかもしれませんが、本来は生き物として強くて良い遺伝子がAGAになりやすい体質を引き起こしているのです。

「AGAを引き起こしやすくする成分を大量に分泌する」「AGAを引き起こしやすくする成分を吸収しやすくする」など、そういった体質は変えることができます。

別記事「ハゲは遺伝するって本当? 遺伝で語る薄毛の原因と対策」ではAGAの原因となる体質と遺伝の関係についても詳細にまとめております。

ジヒドロテストステロンは薄毛の人にとっては有害な物質だと思われがちですが、実際は体の成長と健康を維持するために重要なホルモンだ、ということを知ればAGAの予防対策や治療方法の参考にすることもできるでしょう。

(参考文献)

公益社団法人 日本皮膚科学会・掲載 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

山田  久陽ら・著 男性型脱毛症治療薬の研究動向

(関連ページ)

AGAと薄毛治療におすすめのクリニック【口コミと評判も】

AGA相談が無料でできる人気クリニック~AGA治療は相談から~