AGAの対策法と原因は?その予防法は?AGAを克服した筆者が解説!

「最近、おでこが広くなってきた気がする・・・」

「つむじが大きくなってきた・・・」

「全体的に髪の毛のボリュームがなくなってきたかも・・・」

そんな悩みを持っている男性はいませんか?それはもしかしたらAGA(エージーエー)のしわざかもしれません!

薄毛に悩む男性のほとんどはAGAが原因です。残念なことに、AGAは一度発症すると自然に治ることはありません!

ですから、もし放っておけばどんどん進行し、取り返しがつかないことになってしまうかも・・・。

かくいう私も、AGAを発症した男性の一人です。

私がAGAを発症したのは、まさかの、これから人生を謳歌しようという矢先の20代前半でした。

それからというもの、私は、遊び、恋愛、勉強、仕事の全てが手につかず、何をしても楽しめない状態に陥ってしまいました。

まさに絶望の淵に立たされた気持ちでした。

しかし、そんな経験をした私でも、諦めずにAGAの対策をしたおかげで、5年以上経過した今でも、薄毛にならずに済んでおり、心から楽しい毎日を送ることができています!

そこで、このページでは、私を絶望から救った効果的なAGA対策法を、自らの経験を踏まえてわかりやすく伝授していきます!

私と一緒にAGAと徹底的に戦っていきましょう!!

 

まずは敵を知ろう!そもそもAGAってなに?

まず、AGAの具体的な対策を考える前に、AGAについて知っておく必要があります。

一刻の猶予も残されていない我々には、

「費用や労力をかけたのに効果が出ない!!」

という事態が生じることは避けなければなりません。

AGAに対する知識を持っておけば、費用や労力を無駄にすることなく、効率的な対策を講じることができます!

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称であり、「男性型脱毛症」のことをいいます。

簡単に言えば成人男性によくみられる「薄毛」のことで、AGAになると、額の生え際が後退したり、頭頂部の髪が薄くなり地肌が目立つようになります。

具体的には、

①頭頂部(つむじ)から薄毛が進行する「O字型」

②左右のこめかみから薄毛が進行する「M字型」

③額の生え際全体から薄毛が進行する「U字型」

④これらの「複合型」のタイプがあります。

そして、上でも述べたように、AGAの恐ろしいところは、進行性であり、放っておいても自然治癒しないという点にあります。

ところで、最近、抜け毛が細くて弱々しいということはないでしょうか?これはAGAのサインかもしれません。

すなわち、通常、私たちのヘアサイクル(毛周期)は、

①成長期(毛が成長する)→②退行期(毛が退縮する)→③休止期(毛が抜ける)→①に戻る・・・

というように、①~③のサイクルを2~6年周期で繰り返しています。

これにより、私たちの古い髪の毛1本1本は、新しい髪の毛に更新されていきます。

つまり、抜けた分は生えてくるので、プラスマイナスゼロです。

ところが、AGAになると、徐々に成長期の期間が短くなっていき、ついには完全に成長期がなくなります。

つまり、抜けた髪の毛の完全な更新がされなくなっていき、抜けた分が生えにくくなるため、マイナスの方が大きくなっていくのです。

薄毛はその結果です。

抜け毛が細くて弱弱しいということがAGAのサインかもしれないと述べたのは、そのためです。

私も思い返してみれば、そのような経験をしていました。

では、AGAになると、なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

それは、簡単に言えば、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が、毛乳頭細胞(毛を作る細胞)にある受容体にくっつき、その結果、髪の毛の成長を邪魔する指令が出されてしまうからです。

このような作用により、薄毛が進行していくのです。

 

AGAの対策法① AGA対策の基本といえばこれ!AGA治療薬

上で述べたように、AGAは進行性であり、放っておいても自然治癒することはありません。

そのため、AGAになってしまった場合には、早期に対策しなければ、取り返しがつかないことになりかねません。とはいっても、

「AGAの対策って本当に効果はあるの?」

「やたらと費用がかかるんじゃないの?」

と思っている方も多いと思います。

そんな方に最もおすすめなのが、AGA治療薬による治療です!

AGA治療薬による治療は、低コストながら高い効果が期待できる最も効率的な方法です。

AGA治療の基本といっても過言ではありません。

私も、かれこれ5、6年はAGA治療薬を使用し、薄毛とはいえないレベルの毛量を維持できています!

もっとも、一口にAGA治療薬とはいっても、さまざまな種類があり、そこには役割分担があるため、どれでもいいからとりあえず使用すれば必ず高い効果が期待できるというわけではありません。

そこで、以下では、実際にAGA治療薬による治療を実践している私の経験を踏まえてわかりやすくAGA治療薬による効果的な治療法を解説していきます!

 

AGA治療薬による治療① 鉄則はまず「守れ」!「守り」の治療!

ここで、AGA治療薬による治療は、「守り」「攻め」という観点がとっても重要です!

これは、どういうことかというと、例えば、「リアップ」という育毛剤がありますよね?

水谷豊さんが出演するCMでおなじみのスプレータイプのあれです。

「リアップ」は、簡単に言えば、血行を促進させ、毛を作る細胞に栄養を届けやすくすることにより、発毛を促進させるタイプの薬です。

しかし、よく考えてみてください。

先ほど、上で述べたように、AGAとは、髪の毛の成長を邪魔する指令が出されている状態ですね。

そうすると、いくら毛を作る細胞に栄養が届けられていても、髪の毛の成長を邪魔する指令が出されている以上、髪の毛が育つことは期待できないのです。

そこで、発毛を促進させるためには、まず、そのような指令が出されるのを防ぐ必要があるのです。

AGAの大本の原因を断つということです。これが、「守り」の観点です!

効果的なAGA対策の鉄則は、まず「守る」ことなのです!

そして、この守り」の観点で代表的な成分が「フィナステリド」です。

「フィナステリド」は、厚生労働省にAGA治療薬として認可され、「日本皮膚科学会男性型脱毛症診療ガイドライン」においても、「男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を行うよう強く勧める」とされている効果的な成分です!

「フィナステリド」は、諸悪の根源であるDHTが生み出されるのを防止する薬です。

これにより、髪の毛の成長を邪魔する指令が出されることを回避できます。

「フィナステリド」の成分を含む代表的なAGA治療薬としては「プロペシア」が挙げられます。

「プロペシア」は、飲み薬であり、AGAクリニック等で処方してもらうのが一般的ですが、個人輸入代行業者を通して購入することも可能です。

「プロペシア」をAGAクリニック等で処方してもらうと、28錠で7~8000円程度かかりますが、個人輸入代行業者を通して購入すれば、その半額程度で済みます!

さらに、現在では、「プロペシア」のジェネリック医薬品が多数登場しているため、なんと100錠あたり2~3000円程度で個人輸入代行業者を通して購入することができるようになっています!

同様の効果を期待できてなおかつ安いなんていいとこどりですね笑

私は当初、AGAクリニックからこの「プロペシア」を処方してもらっていましたが、途中から個人輸入代行業者を通して購入する方法に変更しました。おかげで趣味に使えるお金がかなり増えました笑

ただし、

①飲み続けなければならないこと(まあ1日1錠飲めばいいだけなので大した負担にはなりませんが)

②医薬品であるため副作用が発生する可能性があること(筆者は副作用を感じたことはありません)

③効果が表れるのに時間がかかることというデメリットがある点に注意が必要です。

さらにさらに!

最近では「フィナステリド」と同様の仕組みで、「フィナステリド」よりも高い効果が期待できる「デュタステリド」という成分が注目されています!

なんと、「デュタステリド」は「フィナステリド」と比較して約1.6倍の発毛効果があるとのデータが出ています!

「デュタステリド」は2015年9月にAGA治療薬として認可された最新の治療薬であり、上で述べたガイドラインにおいても、「男性型脱毛症にはデュタステリドの内服を行うよう強く勧める」とされています!

私も、最初は「フィナステリド」製剤の内服をしておりましたが、途中からこの「デュタステリド」に変更し、より効果を実感しております!

「デュタステリド」の成分を含む代表的なAGA治療薬としては「ザガーロ」が挙げられます。

「ザガーロ」も内服薬であり、AGAクリニック等や個人輸入代行業者を通して入手することができます。

ただし、

①飲み続けなければならないこと

②価格が「プロペシア」等より1000円程度割高となっていること

③「プロペシア」等より効果が大きいため、それに伴って副作用が発生する可能性も多少高くなっていること(私は副作用を感じたことはありませんが、心配ならまず「プロペシア」等から挑戦すると良いでしょう。)

④効果が表れるのに時間がかかること

というデメリットがある点に注意が必要です。

 

AGA治療薬による治療② まだまだいくぜ!「攻め」の治療!

AGAの進行が初期段階の方は、上で述べたような「守り」の育毛を実践していけば十分な場合もあります。

しかし、上で述べたように、私たちのヘアサイクルは2~6年という長期的な周期で回っているため、髪の毛が成長するためにはかなり時間がかかります。

そうすると、AGAがある程度進行している方からすれば、

「そんなに待ってられないよ!!はやく薄毛から脱却させてくれ!!」

と考えるのが普通ではないでしょうか?

そこで、考えられるのは、髪の毛にガンガン栄養を送って髪の毛を積極的に成長させる方法です!

これが、「攻め」の観点です!邪魔者が現れるのを防ぐという「守り」の観点に対し、こちらの方法は、積極的に髪の毛の材料を送って髪の毛の成長をより促進させるという点で異なる観点なのです!

そして、この「攻め」の観点で代表的な成分が「ミノキシジル」です!

「ミノキシジル」も厚生労働省にAGA治療薬として認可され、上で述べたガイドラインにおいても、「ミノキシジル外用を行うよう強く勧める」とされています!

「ミノキシジル」は、血行を促進させ、毛を作る細胞に栄養を届けやすくすることにより、発毛を促進させる成分です。

私も、「ミノキシジル」製剤を使用し、「守り」と「攻め」の両面からAGAを攻略しています!

「ミノキシジル」の成分を含む代表的なAGA治療薬としては、上で述べた「リアップ」が有名です。

「リアップ」は、塗り薬であり、飲み薬ではありません。

こちらは薬局等で購入することができ、価格は6~8000円程度ですが、個人輸入代行業者を通して海外製の「ミノキシジル」製剤を購入すればより費用を安く抑えることができます。

ただし、こちらも、

①使い続けなければならないこと

②副作用が発生する可能性があること(私は副作用を感じたことはありません)

③効果が表れるのに時間がかかること

というデメリットがある点に注意が必要です。

 

 

【AGAの対策法② 短期間で効果を実感できるかも!?育毛メソセラピー】

私は実践したことはないですが、そのほかのAGAの対策法としては、毛根を活性化させる栄養分などを頭皮に直接注入することで発毛を促進させる「育毛メソセラピー」と呼ばれる治療法もあります。

この方法は、AGA治療薬による治療に比べて比較的短期間で効果を実感しやすい点にメリットがあります。

ただし、

①費用が高いこと

②クリニック等に定期的に通院しなければならないこと

③副作用が発生する可能性があること

というデメリットがある点に注意が必要です。

 

【AGAの対策法③ 副作用なく薄毛部分に確実な発毛を!自毛植毛】

上で述べた対策法には副作用が発生する可能性があるというデメリットがあるため、できれば身体に負担を与えずに薄毛を解消したい!!と考える方も多いと思います。

薄毛になることよりも健康じゃなくなる可能性がある方が嫌だ!という考え方は痛いほどわかります。

そんな方におすすめな対策法が「自毛植毛」です!

「自毛植毛」は、自分の後頭部の毛髪を毛根ごと薄毛部分に移植する方法です。

これにより、薄毛の範囲によっては、一気に薄毛状態を解消することも十分可能です!

でも、移植した毛はまた抜けちゃうんじゃないの?と疑問に思う方もいると思いますが、自毛植毛した毛は生え続けます!

なぜなら、後頭部や側頭部の毛髪はAGAの影響を受けにくいからなんです。

薄毛の人でも後頭部や側頭部の髪の毛は生えていますよね?

それは、このような理由からなんですね。

さらに、自毛植毛は、1年程度かけて徐々に薄毛部分から髪の毛が生えるので、自然に薄毛を解消することができます!

筆者も、将来AGA治療薬だけでは対応できなくなったら、この「自毛植毛」を考えています。

ただし、

①大体50~200万円と費用が高いこと

②薄毛の範囲が広いと満足のいく仕上がりになりにくい(自毛植毛はいわば毛髪の再分配なので限界があります。)

③他の部分のAGAが進行すると植毛部分が「離れ小島」状態になる可能性がある(ただし、AGA治療薬と組み合わせれば防ぐことは可能です。)

というデメリットがある点に注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたか?

AGAは放っておけばどんどん進行してしまう恐ろしい存在ですが、全くもって諦める必要はありません!

AGAには有効な対策法があります!

私自身も、AGA治療薬による「守り」と「攻め」の治療により、今では自分に自信を持ち、明るく楽しい毎日を送ることができています!

もっとも、AGA対策にあたっては、より良い生活習慣を心がけ、上で述べた対策法だけに頼ることのないように注意しましょう!

不摂生な生活により効果が薄れてしまったらもったいないですからね。

AGA治療は一日にしてならず!

根気よく治療していけば必ず明るい未来が待っています!

悩んでいても何の解決にもなりません!

この機会に、AGAの対策を始めましょう!

薄毛治療の病院でおすすめは?薄毛治療の病院3選。