48歳で薄毛やハゲに?48歳の本格的な薄毛対策方法を公開!

「どうも最近、今までよりも薄くなってきた。。」

「頭頂部を人に見られることが増えた気がする。。」

「48歳で薄毛になったら、これから増やしていくのはもう難しいのだろうか。」

誰にも相談できず、自分と似た境遇の人がいないかと探しているのかもしれません。

その気持ちわかります。

そしてそれ以上に大事なのは、「薄毛の悩みを解決すること」ですよね。

今回は、

・48歳で薄毛になってしまう原因は何なのか。

・48歳の「本格的な」薄毛対策方法は何なのか。

ということについてお伝えしていきます。

48歳で薄毛に悩むのは最後にして、来年以降は薄毛に悩むことをなくしてしまいましょう!

48歳、ついに薄くなってきた自分の髪の毛。

「急にひどくなってきたな。。」

鏡を見てこんな悩みをかかえているかもしれません。

日本人の男性の約30%は薄毛の症状になると言われていて、その多くが40代前後で発症します。

つまり、48歳で薄毛の症状に悩むのは、意外と一般的なのです。

薄毛のメカニズムは徐々に明らかになってきています。

それに対する対策方法も本格的になっているのです。

しっかりと前向きに対策して、薄毛は今年で解消していきましょう。

「どうもやっぱり前より薄い。。」

一度気になり始めるとついつい鏡を見てしまう。

こんな経験があるのではないでしょうか。

日本人の男性の約30%は薄毛の症状に悩むと言われています。

なので自分以外の多くの人も薄毛の症状に悩んでいるのです。

ですが、薄毛のメカニズムが明らかになるにつれて、とれる対策の幅も広がってきています。

前向きに薄毛対策していき、今年で薄毛対策を終わらせてしまいましょう!

48歳で薄毛になったその原因とは。

それではなぜ48歳で薄毛になってしまうのか、その原因から見ていきましょう。

1:年齢による毛母細胞の機能低下

1つ目に考えられる薄毛の原因は「加齢」です。

歳を重ねると、毛母細胞の機能が低下します。

毛母細胞とは、分裂を繰り返し行うことで髪の毛を成長させていく細胞です。

「年齢を重ねていくこと」は人間である以上避けることのできないことです。

しかし「毛母細胞の機能の低下」

に関しては後述するように対策していくことができます。

後述の対策をぜひしっかりと読んでみてください。

2:食事から摂取している栄養素の不足。

もうひとつよくある原因として、栄養素の不足が考えられます。

日本人の多くの方が炭水化物中心の食生活になってしまっています。

炭水化物は三大栄養素の1つでもあり、もちろん摂取するのが大切な栄養素です。

しかし炭水化物を取りすぎることで、タンパク質やビタミン、ミネラルの摂取が足りなくなってしまうのは問題です。

タンパク質は特に臓器や筋肉、髪の毛、爪といった体の至る部分の構成に深く携わっています。

摂取が足りていないと、臓器等に優先的に栄養が送られ、髪の毛に送られる栄養が足りなくなってしまうのです。

日常の食生活を見直して、肉や魚、大豆といったタンパク質をしっかりと摂取していくようにしましょう。

48歳、本格的な薄毛対策方法

お待たせいたしました。それでは48歳のための本格的な薄毛対策方法について解説していきます。

薄毛のメカニズムとともにご紹介していくので、しっかりと読んでみてくださいね。

・ヘアサイクル(毛周期)を整えていく。

「薄毛の対策」というと何を思い浮かべますか?

・頭皮マッサージ?

・シャンプーの方法を変えること?

・よく睡眠をとること?

・わかめをたくさん食べること?

上述のものは、それなりに効果を認められているものもあります。

しかし、すでに薄毛が進行してしまっている方にとって、

大きな変化を及ぼすにはかなりの時間がかかってしまうと考えています。

「薄毛の対策」とはすなわち、「ヘアサイクル(毛周期)を改善していくこと」

にほかなりません。

ヘアサイクルとは、髪の毛に存在している3つの期間(成長期、退行期、休止期)をくるくると繰り返すサイクルのこと。

人は一生の間このヘアサイクルを繰り返しているのです。

ヘアサイクルの1つの期間である成長期では、髪の毛が成長し伸びていくことを期待できます。

しかし薄毛の症状に悩む人はどうもこの成長期がうまくいっていない。

・成長期にあるのに髪の毛が成長しなくなってしまった

・成長期から休止期に移行して髪の毛の成長が止まり抜けていく

このような「ヘアサイクルの乱れ」がいわゆる、薄毛のメカニズムです。

ではどうしてヘアサイクルが乱れるのか。

それは、髪の毛を生成する毛母細胞の機能が低下してしまうからです。

そしてその毛母細胞の機能の低下の原因として、

さきほどご紹介したような「年齢」「食生活の偏り」「日々のストレス」「睡眠不足」のような原因が考えられます。

薄毛を改善していくには、「毛母細胞の機能の低下」を防いでいけばいいということがこれらのメカニズムから分かります。

そしてそれに役立つのが「育毛剤の活用」です。

育毛剤には「毛母細胞を活性化させる作用」や、「毛母細胞の復元作用」「毛母細胞の機能低下を抑止作用」のある成分が配合されているものもあります。

ただし、数多くの育毛剤があるためにきちんとした育毛剤を選ぶのが難しいという現状があるのも事実です。

そこで今回、48歳の方に向けて、上述のような成分が配合されている厳選の育毛剤を2つ解説していきます。

どちらも実績のある信頼できる育毛剤です。

参考にしてみてください。

■毛母細胞の復元と、活性化の成分を配合。フィンジア。

finjia2

1つ目はスカルプエッセンスとして注目を集めているフィンジア。

「萎縮した機能しない毛母細胞を復元する作用」のあるキャピキシル

「高い吸収力と、毛母細胞の活性化作用」のあるピディオキシジル

業界トップレベルの濃度で配合しています。

独自にゲートアクセス理論を採用し、頭皮に浸透しやすいように設計しているのもポイント。

特に成分を重視していきたい48歳の方におすすめのフィンジアです。

返金保証付きの最もお得なフィンジア公式ページ

■毛乳頭を活性化させるチャップアップ。

chap_up

チャップアップには、「毛母細胞の機能低下を抑制する作用」のあるオウゴンエキス

「毛母細胞に司令を出す毛乳頭を活性化させる作用」のあるセンブリエキスを配合。

チャップアップの即定期便では、ノコギリヤシフィーバーフューという

「毛母細胞の機能低下の抑止」に役立つ成分が配合されたチャップアップサプリメントがセットになってついてきます。

体の内側と外側の両方から対策をしていきたい方におすすめのチャップアップです。

チャップアップ公式ページ(永久返金保証付き)

48歳、今年で薄毛に悩むのは最後にしましょう。

48歳の薄毛対策について解説していきました。

薄毛のメカニズムが徐々に明らかになるにつれて、本格的な対策としての育毛剤の開発も進んできています。

あとは読者の方が実行するか、習慣化して続けていけるかどうかだけだと考えます。

48歳で薄毛対策は最後にしましょう。

そして来年以降、読者の方から薄毛の悩みがなくなっていることを心から願っています。

応援しています!

フィンジア詳細

チャップアップ詳細

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
フィンジア