39歳でハゲと薄毛に?~本格的な薄毛対策・治療方法を伝授!~

「40歳の手前で髪の毛が薄くなってきたな..」

「前から気になってたけどここまでひどくなかったぞ..」

「39歳でハゲかあ。みんな他の人はどうしているんだろうか。」

色んな思いを抱えて、自分と似た境遇の人がいないか探しているかもしれませんね。

しかし、自分と似た人を探すことが本当の目的ではないはずです。

「薄毛やハゲの悩みを解決していくこと」、これが本当の目的ですよね。

そして運がいいことに、薄毛の仕組みやメカニズムは徐々に分かってきています。

今回は薄毛のメカニズムをご紹介しながら、

・39歳で薄毛になってしまう原因として考えられるもの

・39歳でハゲてしまった時にできる、論理的に正しい本格的な薄毛対策方法

について解説していきます。

39歳で薄毛になっても大丈夫です。しっかり対策していき、来年は薄毛に悩むことがないようにしていきましょう。

39歳でハゲと薄毛に。

「急に髪の毛が薄くなってきたなあ。」

こんな風に突然気になりだすと、もうずっと気になってしまう。

こんな経験が読者のみなさまにもあると思います。

しかしこれは意外と当たり前なのです。

日本では男性の約30%が薄毛やハゲの症状に悩むと言われています。

そして40代前後で薄毛の症状が発症する方が多いのです。

そのため、39歳でハゲてしまうのは意外と一般的ともいえるかもしれません。

薄毛は古来から悩まれているものですが、前述の通り色んな研究を通して徐々に仕組みがわかってきています。

これから対策や治療法を解説しますが、今年で薄毛に悩むのを最後にしましょうね!

39歳で薄毛になった原因を探る。

薄毛の原因は多岐にわたります。そのため、簡単に「これが原因である」と言いきれないというものです。

しかし代表的に考えられる原因があるのも事実です。代表的なものをご紹介していくので、自分に当てはまらないか、確認していってみてください。

1:日常生活で発生するストレス

39歳であれば仕事上の責任が増えてきたり、子育てに多くの時間を割いていたりと日々の生活が非常に忙しい方も多いと思います。

ストレスが体に良くないことは周知の事実ですが、髪の毛にもやはり悪影響です。

ストレスを感じると人はコルチゾールというホルモンを分泌します。

コルチゾールは活性酸素の発生量を増やします。

そして活性酸素は、髪の毛の細胞を老朽化させることで薄毛の原因になってしまうのです。

つまり、

ストレスを感じる→コルチゾール発生→活性酸素増加→薄毛

という図式が成り立ってしまうんですね。

ストレスを生活から完全に取り去るのは難しいことですが、

少しでもストレスを感じる機会を減らしていけるようにせめて薄毛の悩みからくるストレスは早期になくしてしまいましょう!

2:食生活で摂取している栄養が偏っている

日々の食事を振り返った時に炭水化物中心になっている方は要注意です。

髪の毛に限らず、臓器や筋肉、爪といった体の至る部分はタンパク質が構成に大きく関わっています。

炭水化物を多く摂取しタンパク質不足の生活になっていると、

生命維持をしていくために必要な臓器等に積極的に栄養が送られ、髪の毛に送られる栄養が不足してしまうのです。

日々の食生活で肉や魚、そして大豆類などのタンパク質もきちんと摂取していくようにしましょう。

3:加齢による毛母細胞の機能の低下

もう一つの原因は、どうしようもない「加齢による機能低下」です。

加齢によって、髪の毛を生成する毛母細胞の分裂する機能が低下してしまいます。

これは人間である以上、避けることができないことです。

しかし「毛母細胞の機能低下」はこの後ご紹介していく対策方法で本格的に対処できるので、

楽しみにしていてください。

39歳で完了させる!本格的な薄毛対策・治療方法

それではお待たせいたしました。

39歳で終わらせる本格的な薄毛対策方法について、解説していきます。

厳選の方法1:ヘアサイクル(毛周期)を改善していく育毛剤を使う

1つ目の厳選の方法は「ヘアサイクル(毛周期)の改善のための育毛剤の使用」です。

まず、「ヘアサイクルって何?」という疑問にお答えしていきますね。

人間の髪の毛には成長期、退行期、休止期の3つの期間が存在しています。

この3つの期間を繰り返すことで、人の髪の毛は成長と抜け落ちることを繰り返していきます。これがヘアサイクルです。

成長期では、名前の通り髪の毛が伸びて成長していきます。

しかし薄毛の人はこの成長期の様子がどうもおかしい。

成長期なのに休止期に髪の毛が移行してしまったり、

成長期にあるのに髪の毛の成長が止まってしまったりという現象が発生してしまうのです。

このヘアサイクルの乱れが薄毛のメカニズムです。

そしてヘアサイクルの乱れの原因に、髪の毛を作る毛母細胞の機能低下があります。

毛母細胞の機能低下をふせぐために、

「毛母細胞を活性化させる」

「毛母細胞に司令を出す毛乳頭を活性化させる」

「毛母細胞の機能低下させる成分を抑制させる」

といった手段が考えられます。

そしてそれらの作用を頭皮にしっかりと作用させる上で役に立つのが、「効果的な育毛剤の使用」です。

「どれが効果的な育毛剤かわからないのですが。。」

といったご相談を頂くことも多いので、今回は39歳の方を対象に、

上記のような成分が配合されている、論理的に効果を期待できると考えている育毛剤を3つ解説していきます。

自分にあったものがないかぜひ、考えながら見てみてくださいね。

■キャピキシルを5%配合のフィンジア!

finjia2

「萎縮して機能しなくなった毛母細胞を復元する作用」のあるキャピキシルを5%

「毛母細胞を活性化させる作用」のあるピディオキシジルを2%配合しています。

独自のゲートアクセス理論の採用によって、これらの特徴的な成分が浸透しやすい状態に設計されているのもポイント。

成分を特に重視したい39歳におすすめの育毛剤です。

返金保証付きのお得なフィンジア公式ページ

■毛乳頭の細胞分裂を活性化!チャップアップ。

chap_up

「毛母細胞に司令をだす役割のある毛乳頭を活性化させる作用」のあるセンブリエキス

「毛母細胞の機能低下を抑制させる作用」のあるオウゴンエキス

を配合しています。

永久返金保証という期限なしの返金保証もあるので、金銭的リスク無しで試せるのもポイントですね。

チャップアップ公式ページ(永久返金保証付き)

厳選の方法2:AGA治療を専門とするクリニックに行ってみる

もう一つの厳選の薄毛対策方法には、AGA治療を専門とするクリニックに行ってみる方法があります。

AGAという言葉をテレビで聞いたことがないですか?

AGAは「男性型脱毛症」と言われる症状で、男性の薄毛に悩む人のほとんど(M字ハゲや頭頂部のハゲも含む)がこのAGAであるといわれています。

AGAを専門とするクリニックでは医師の診断のもと、薬を処方してもらうことができます。

AGA治療を専門とするクリニックで、無料カウンセリングも行っているクリニックにAGAスキンクリニックがあります。

aga-skin-clinic

AGAスキンクリニックは全国各地にあり、それも相まって非常に多くの薄毛に悩む方の治療実績のあるクリニックです。

また価格面でも非常に安い価格から治療を開始することができ、

コストパフォーマンスの点からみてもかなりお得なクリニックと言えるでしょう。

無料のカンセリングでは専門家の方に

「自分はAGAなのかどうか」

「自分の場合の治療期間はどれくらい必要そうか」

ということを他の患者さんのデータと照らし合わせながら親身に解説してくれるので、おすすめです。

すこしでも気になる方は30分程度の無料カウンセリングで質問をぶつけてみるのがてっとりばやかもしれません。

AGAスキンクリニックの詳細&無料カウンセリング予約ページ

39歳、今年が正念場。ハゲに悩むのは最後にしましょう。

39歳の本格的な薄毛対策方法について解説していきました。

メカニズムが明らかになるにつれて、とれる対策の幅が広がってきています。

あとはどの対策をするにせよ、実行するかしないかでかわります。

39歳で薄毛について悩むのは最後にして、来年からは全く薄毛に悩むことがなくなることを願っています。

応援しています。

フィンジア詳細

チャップアップ詳細

AGAスキンクリニック詳細

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
フィンジア