20代のハゲと薄毛の対策方法は?~20代で完了させる本格的な薄毛対策~

「周りと比べてなんで自分だけこんなに薄いんだろう。」

「20代でハゲたらこれからずっと薄くなっていくだけなのかな..?」

「自分みたいな人はいないだろうか。」

もしかしたら自分と同じような薄毛の症状になっている人がいないかどうか探しているかもしれません。

その気持ち、分かります。

そしてそれ以上に、「薄毛をなんとかしたい。悩みを解決したい。」

そう考えているのではないでしょうか。

大丈夫です。薄毛のメカニズムは徐々に明らかになってきています。

メカニズムに沿った対策をしていくことで薄毛は改善していくことができるのです。

今回は、

・20代で薄毛になってしまう代表的な原因は何か。

・20代の薄毛の本格的な対策方法

について解説していきます。

今年で薄毛の悩みを解決して、来年以降は薄毛の悩みに全く悩まされないようにしていきましょう!

20代、どうも自分の髪の毛が薄くなっている。

「どうして急にこんなに薄くなってきてしまったのかな。」

ある日気づき始めてから、常に気になるようになってしまう。

こんな経験があるかもしれません。

しかし実は日本人男性の約30%は薄毛の症状に悩んでいるのです。

薄毛の症状になるタイミングが他の人に比べて少し早いかもしれませんが、それは大丈夫。

薄毛のメカニズムが明らかになるに連れて、とれる対策の種類も増えてきているからです。

今回お伝えする対策をもとに、実際に行動に移していき、薄毛に悩まない人生にしていきましょう!

20代で髪の毛がハゲていく原因は?

とはいっても、なんで自分だけ薄毛になってしまうのか、原因が気になるところ。

ここでは20代で薄毛になってしまう代表的な原因についてみていきます。

■食事偏っていないか?栄養は足りているか?

日頃の食生活、振り返ってみてください。昨日食べたものは何でしょうか。

ご飯や麺類、パンなどの炭水化物が中心の食事になっていたら注意が必要です。

炭水化物は三大栄養素の1つであり、摂取が必要なとても大切な栄養素です。

しかし炭水化物中心の食生活になり、タンパク質やビタミン・ミネラルの摂取が不足してしまうのは問題です。

特にタンパク質は、臓器や筋肉、爪といった体中を構成してく上で必要不可欠な栄養素です。

タンパク質が不足してしまうと、臓器等に優先的に栄養が送られるために、髪の毛に送られる栄養が不足し、薄毛の原因になってしまうのです。

日頃の食生活から、肉や魚、大豆食品からしっかりとタンパク質を摂取していくようにしましょう。

■ストレスを感じることが多くないか?

20代の方であれば、就職や昇進、転職、結婚や子育てなど多くの身の回りの変化によって、

日々ストレスを感じる機会も多いのではないでしょうか。

ストレスを感じると人はコルチゾールといわれるホルモンを分泌します。

コルチゾールは活性酸素の発生量を増やします。

活性酸素は髪の毛を老朽化させることで薄毛の原因になってしまいます。

日常生活から完全にストレスをなくすのは難しい、ほぼ無理なことです。

それでも時間の使い方をかえて、自分なりにリラックスできる時間を確保するようにしてください。

特に睡眠時間が6時間未満が続くと、ストレスの原因にもなってしまいます。

睡眠時間を確保するために、必要でない時間は減らしていくようにしましょう。

20代の本格的な薄毛対策方法を一挙公開!

それでは、20代の本格的な薄毛対策方法を公開していきます。

薄毛のメカニズムと共に解説していくのでじっくり読んでみてくださいね。

・髪の毛のヘアサイクルを正しく循環させよう。

「薄毛対策」

というと多くの方が想像することは、「シャンプーを変えてみる」

ことだったり、「頭皮マッサージ」だったりするようです。

これらの対策は否定しません。

しかしすでに薄毛が進行している状態に、このような対策で本当に薄毛を改善していくのに役立つでしょうか。

薄毛の対策をしていくにはまず、薄毛のメカニズムを知る必要があります。

髪の毛にはヘアサイクルがあります。

成長期・退行期・休止期の3つの期間が髪の毛にはあり、生涯に渡って髪の毛はこのサイクルをぐるぐると繰り返していくのです。

成長期では当然、髪の毛が成長していくこと、伸びていくことを期待できます。

しかし薄毛の人はどうもこの成長期がうまくいっていないのです。

成長期にあるのに髪の毛が成長しなくなってしまう。

成長期から休止期に髪の毛が移行して成長しなくなってしまう。

このようなヘアサイクルがうまく回らないこと=ヘアサイクルの乱れが薄毛のメカニズムになります。

ではどうしてヘアサイクルは乱れてしまうのでしょうか。

ヘアサイクルが乱れる原因に毛母細胞という髪の毛を生成する細胞の機能の低下があげられます。

そしてその毛母細胞の機能の低下の原因にさきほどご紹介したような、「ストレス」や「食生活の乱れ」があるのです。

要は「毛母細胞の機能の低下」を防ぐことができれば、「薄毛改善」ができるということになります。

ではどうやってやるのがいいのか。

そうした成分を髪の毛に浸透させる、そのために育毛剤があります。

「毛母細胞を活性化させる作用」

「毛母細胞の機能低下を抑制する作用」

このような成分が配合されている育毛剤をきちんと選ぶことが大切です。

「とはいってもどの育毛剤にそのような成分が配合されているかよく分かりません。」

こんなご相談も頂きます。

そこで今回は20代の方に特におすすめの、上記のような作用のある成分が配合された育毛剤を厳選して2つ解説していきます。

自分にあった育毛剤はないかどうか考えながら、ぜひ読んでみてくださいね。

■毛乳頭の活性化作用のある成分を配合。チャップアップ

chap_up

1つ目に紹介する育毛剤はチャップアップ。

チャップアップには、「毛母細胞の機能低下を抑制する作用」のあるオウゴンエキス

「毛母細胞を司令する毛乳頭を活性化させる作用」のあるセンブリエキスが配合されています。

皮膚科専門医による複数のアルコールパッチテストにもクリアしているので、

乾燥肌、敏感肌の方にとっても使用していきやすい育毛剤。

万が一合わないときのために永久返金保証という無期限の返金保証もついてくるので、

金銭的にほぼノーリスクで試していけるのも嬉しいポイントです。

チャップアップ公式ページ(永久返金保証付き

■毛母細胞を活性化させるM-034を配合!イクオス。

628_IMG_20161020_12

もう一つは、Algas-2という独自成分を配合するイクオス。

Algas-2は、「毛母細胞の活性化作用」のあるM-034

そして高い吸収力と保水力を持つことで有名なペルベチアカナリクラタエキスが配合されています。

45日間の返金保証期間がついてきて、イクオスサプリメントもセットになってくるので、

比較的リーズナブルな育毛剤がいいという方におすすめの育毛剤です。

イクオス公式ページ

20代、薄毛に悩むのは今年がラストです。

20代の実践的な薄毛対策方法について解説していきました。

上述の通り、薄毛のメカニズムは年々明らかになってきています。

そしてメカニズムに沿った対策方法もしっかりと提案されているのです。

後は実行していくかどうかで決まると考えています。

20代の今年で薄毛対策を最後にして、薄毛に悩まない人生にしていきましょう。

応援しています!

チャップアップ詳細

イクオス公式ページ

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
フィンジア