10代で起こる抜け毛の原因は何?知っておきたい抜け毛のあれこれ

抜け毛の悩みは、男性でも女性でも、中高年でも若い人でも、誰にだってあるこの現代。

そんな悩みなんてまだまだ無縁だと思っている10代からだって、実は悩んでいる人も少なくないのです。

「最近抜け毛が多い気がする」と秘かに感じている10代のあなたは、まずは抜け毛を知りましょう。

抜け毛のあれこれを知っているだけで、対策の仕方が分かってきますよ。

この記事では、抜け毛を分かりやすく解説しています。

ぜひここで抜け毛のことを知って、早めに悩み解決をしてあげましょう。

 

実は誰にでもある抜け毛

シャンプーする度に、ブラッシングする度に、毎日何本も抜ける髪の毛。

こんなに抜けてしまって大丈夫?と心配になったことがあるのではないでしょうか。

人の髪の毛は、一日に50~100本ほど抜けますが、これは全くおかしいことではありません。

一日に100本ほど抜けるけど、心配ない。

そう言われたって安心なんてできないですよね。

毎日毎日100本の髪が抜け続けたら、今ある髪はすぐになくなってしまうということですから。

では、毎日これほどの抜け毛があっても髪の毛がなくならないのは何故なのでしょうか。

その答えは、毛周期と呼ばれる人間のヘアサイクルにあります。

髪が伸びている期間を「成長期」といい、髪の毛をつくる細胞(毛母細胞)が分裂を繰り返し、髪を太く長く成長させてくれます。

男性と女性によって差がありますが、2~6年の期間を経て髪が成長します。

そして、この成長期を生き抜いた髪は「退行期」に入り、毛母細胞は分裂を止め、髪の成長が弱くなります。

髪の成長が完全にストップするまでの約2~3週間が退行期となります。

髪の成長が完全になくなると、「休止期」に入ります。

髪の寿命を全うし、休止期に入った髪は、頭皮に向かって上の方へ上がっていき、約2~3か月かけて抜け落ちる準備をします。

この時に抜ける髪が、最初に出てきた「シャンプーやブラッシングで毎日のように抜ける髪」なんです。

この期間は、ただ抜け落ちるのを待っているだけではなく、その奥の方で次に生えてくる新しい髪が成長期を迎えるための準備が、すでに始まっているのです。

このようにして、成長期→退行期→休止期のヘアサイクルを繰り返す髪の毛は、それぞれサイクルのタイミングが違うため、毎日抜け毛があっても髪が減ることはないのです。

 

抜け毛が発生する原因は?

ヘアサイクルによって毎日100本ほどの抜け毛があるのは問題ないことが分かりましたが、明らかに100本以上の抜け毛がある場合は、問題ありです。

朝起きた時の枕や、シャンプー、ブラッシング、ヘアセット中にごっそりと異常な量の抜け毛がある時は、注意しましょう。

このような危険な抜け毛の原因は何なのでしょうか。10代でありがちな原因をいくつか説明していきますね。

ホルモンバランスの乱れ

10代は、子どもの未熟な体から大人の体へと大きく成長、発達する時期で、体の中では、男性ホルモン、女性ホルモンの分泌が一気に増える時期でもあります。

このホルモンの分泌量が急激に変化することで、体調を崩す人もいるほどです。

そして、抜け毛に大きく関係している男性ホルモンの量が一気に増えることで、体質によっては10代でも抜け毛に影響してくることもあるのです。

頭皮環境

まだまだ若い10代は、新陳代謝が良く汗をかきやすかったり、皮脂の分泌が盛んで、顔や頭皮にあぶらが出やすかったりします。

これは悪いことではなく、むしろ大人からすると羨ましいくらいの良いことなのですが、その分しっかりとケアをしないといけません。

汗をかいたり、あぶらが出た頭皮を長時間そのままにしていると、毛穴に汚れが詰まって、新しく生えてこようとしている髪の出口を塞いでしまいます。

そうすると、デキモノや炎症などで頭皮環境が悪化し、髪が生えにくい状態となってしまいます。

ダイエット

友達や周りの目を気にして、痩せたいと思う気持ちが強い10代。

適度なダイエットをすることは健康面でも良いことですが、食事を抜いたり、時には食べたものを吐いてしまったりと、体に負担をかけるダイエットは髪にも良くありません。

極端な食事制限は、栄養素の摂取量が足りなくなり、髪に必要な栄養が行き届かず、抜け毛を引き起こす原因となってしまいます。

また、食事を抜くことはしないけど、肉は食べずに野菜だけ食べるという人も多いと思います。

健康に気をつかっているように感じますが、実はこれも良くありません。

適度な脂肪分を摂らなければ頭皮が乾燥し、頭皮環境の悪化から抜け毛を発生させてしまいます。

睡眠不足

試験勉強や友達とLINEや電話、SNSなどで気が付いたらもう夜明け前に!なんて日も多いのではないでしょうか。

特に友達との話が盛り上がると、楽しすぎて時間が過ぎるのが早いんですよね。

しかし、睡眠不足は髪の成長の大敵です。

睡眠時間が不足すると、髪を成長させるホルモンが分泌されず、髪の成長が遅れてしまいます。

そうしてヘアサイクルが乱れて、抜け毛や薄毛の原因となるのです。

ストレス

友達との関係や学校での悩み、家庭内での悩みなど、10代だからこその悩みってありますよね。

悩みの内容は違っても、大人以上に深刻に悩んでいるのではないでしょうか。

そうした悩みが、日常のストレスとなるのはよくあることです。

人間は強いストレスを感じると、心も体も緊張状態になります。

すると血管が収縮し、毛根に栄養がうまく届かなくなります。

そんな状態が続くことで十分に栄養がもらえなくなった髪は、寿命をむかえる前の成長途中で抜け落ちでしまいます。

ストレスが原因の抜け毛としてよく聞くのが、円形脱毛症です。

円形脱毛症の特徴は、頭皮の一部分の髪が突然にゴソッと抜けてしまいます。

その大きさは、指先ほどの大きさから500円玉大のものまでさまざまです。

AGA

10代ではまだ聞き慣れない”AGA”という言葉。

この言葉の意味は、「男性型脱毛症」というもので、遺伝が関係していることがほとんどです。成人男性に多く見られますが、10代からAGAの症状がみられることも珍しくありません。

これは男性だけに起こることではなく、女性に起こること(FAGA)もあります。

成長期の髪が本来は2~6年かけて成長するのに対して、AGAの場合は、数か月~1年ほどで未熟な状態のまま抜け落ちてしまうので、ヘアサイクルが乱れ、休止期の髪が多くなってしまいます。

症状としては、おでこの生え際から抜け始め、徐々に生え際が後退していくタイプと、頭頂部から始まり徐々に広がっていくタイプその両方から始まるタイプがあります。

女性育毛剤で10代・20代におすすめの3本~10代・20代女性の薄毛対策方法~

 

抜け毛は予防できる?

抜け毛は日ごろの体や髪のケアで予防することができます。

進行してしまってからでは、改善することが大変になってくるので、症状が出る前に、遅くても症状に気付いたらすぐにでも、対策をとるのが理想です。

では、上で説明した抜け毛の原因から予防する方法を見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

思春期のホルモンバランスの乱れは、成長するうえでは切り離せない症状です。

この症状のダメージが大きい人もいれば、それほど気にならない人もいて、体質によってダメージが大きい人ほど抜け毛に悩まされることもあるということです。

時期を過ぎれば症状は回復しますが、この時期から抜け毛体質になってしまう可能性もあります。

ホルモンバランスの乱れによる体調の悪化を感じたら、ホルモンバランスを整えるサプリや、病院を受診して処方される薬を飲むのも一つの手段です。

頭皮環境

10代は汗をかくシーンが多くありますよね。

体育の授業や部活、登下校、休日の外出などで、たくさん汗をかくと思います。

汗と同時にあぶらも多く分泌されていて、これを長時間放置することが良くないのです。

ハンカチやタオルでこまめに汗を拭き、一日の終わりにはシャンプーでしっかりと汚れを洗い流しましょう。

おすすめのシャンプーは、アミノ酸シャンプーです。

髪と同じ成分であるアミノ酸でできているシャンプーで洗うことで、頭皮に必要な皮脂は残したまま、優しくしっかりと洗い上げることができるのが特徴です。

頭皮の環境が良い状態を保つことでしっかりとした髪を育てることができますよ。

ダイエット

痩せたいという気持ちから、単純に食べる量を減らしたり、食事を抜くことは、髪に必要な栄養が摂取できず、脱毛につながります。

だからといって、むやみに食べ過ぎるのもよくありません。

一番良いのは、髪に必要な栄養素をバランスよく摂ることす。その中でも、髪の毛を作るもととなるタンパク質は、毎日のメニューに取り入れたい栄養素です。

ただ、先に述べた通り、タンパク質ばかりを摂っても意味はなく、バランスよく栄養素を摂取することが大事です。

しかも、3食をバランスよく食べることで健康的なダイエットにも効果があるので、食事を抜いたり、サラダのみの生活をするより確実にいいダイエット法になりますよ。

睡眠不足

睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったりすると、髪の成長を邪魔する大きな原因となります。

というのも、全身の組織の修復を行う成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。

特に眠り始めてから30分~3時間が成長ホルモンの分泌がピークに向かっている時間帯です。

そしてさらに、この成長ホルモンが毛母細胞に働きかけ、細胞が活発化するのが夜の10時~2時の間で、髪の成長のゴールデンタイムとも呼ばれています。

つまり、遅くても夜10時までには布団に入り、ぐっすりと眠ることが大切ということです。

ストレス

ストレスを抱え込んで体が緊張状態にあることで、血管が収縮し血流が悪くなります。

そうすると、バランスよく摂取したはずの栄養も届きづらくなることになるのです。

ストレスのない生活は難しいことだと思うので、うまくストレスを発散できる方法を見つけてみましょう。

友達と思いっきり遊んだりお喋りすることで発散できる人もいれば、一人の時間を大事にしている人や何も考えず一つのことに没頭することが好きな人。

自分なりのストレスの発散方法が必ずあるはずです。

AGA

抜け毛の原因がAGAだった場合、症状が出始めると自分の力で改善するのはかなり難しくなってしまいます。

頭皮のケアで進行を止めることはできても、髪を再び生やしたりするなどの改善を目指すなら、一番確実なのは専門のクリニックを受診することです。

ただ、クリニック受診となると、平均で月に2万円ほどの費用が掛かってきます。

10代の場合だと、自分でその費用を準備するのはなかなか難しいことですよね。

ですから、家族への相談が必要になるでしょう。

相談しづらい内容かもしれませんが、深刻に悩んでいるなら、思い切って話してみてください。

家族ですから、一緒にクリニックの受診などの解決策を探してくれるはずですよ。

でも、自分がAGAかどうか分からないし、AGAじゃなければクリニックに行くのも無駄に感じてしまいますよね。

そんな時は、まずは自宅で診断ができる検査キットもあるので、試してみるのもアリかもしれませんね。

【AGAドック】男性型脱毛症・遺伝子検査キット

女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

 

抜け毛の症状が進んでしまったら

「気付いた時には抜け毛がかなり進行していた」

「誰にも相談できず、どうしていいか分からず悩んでいるうちにどんどん抜け毛が進んでしまった」

大丈夫ですよ。

そんな時でも、しっかりとケアすれば改善はできます。

  • 食生活の改善
  • 質の良い睡眠
  • ストレス解消
  • 有酸素運動
  • 頭皮マッサージ

これらを基本として、プラスαの対策がこちらです。

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • サプリメント

これらをうまく取り入れていくことで徐々に抜け毛は改善されるでしょう。

そして、これらを使うには注意点がいくつかあります。

  • 一度にたくさん使っても早く効果が出るわけではありません。使用量をしっかり守りましょう。
  • 使い始めて肌がかぶれたり、自分に合わないと感じた時は、すぐに使用をやめましょう。頭皮トラブルの原因となります。
  • 使い始めてすぐに効果は出ません。最低でも3か月~半年は使い続けましょう。
  • 数か月しっかりと使い続けるために、自分で続けられる価格のものを選びましょう。

育毛剤で10代男性におすすめ5選~薄毛対策を育毛剤で~

まとめ

長くなりましたが、抜け毛について少しでもお分かりいただけたでしょうか。

10代では抜け毛とはまだまだ無縁だと思いがちですが、暮らしや食生活も昔とはまったく違う現代では、若い世代の抜け毛は珍しいことではないのです。

抜け毛を改善するには、気付いたら早めに予防、対策をすることが大切です。

一人で抱え込まずに、家族や友達に話してみることも、気持ちが楽になって良いことですよ。

一番良いのは、抜け毛の症状が出る前からしっかりとケアをして予防することです。

もし自分が抜け毛体質でなかったとしても、今回紹介した抜け毛の予防策となることは、美容にも健康にもとてもいいことなんです。

将来悩まないためにも、早いうちからのケアを実践していきませんか?